HOME

TABIMELO

こづろぐ in TABIMELO

生き方パーソナルマガジン

うそつき天国 アーグラー

こんな題名でひょっとしたらインドが嫌いなの?と問われそうですがうそもうそだとわかっていれば楽しめるものです。

さておき、アーグラーといえば巨大なお墓で有名なタージマハール。

はっきり言ってそれしかない。。。

ちょっと離れたアーグラー城にしたってこのタージマハールを遠めに見るためにあるような建物のように思えるのはそれだけこの巨大な建物のインパクトが大きいということです。

写真で見ての通りですが、実際に見るとこれまた感動がある。

750ルピー、約2300円というインドでは破格の入場料でもアーグラーに来たからには入らないわけにはいかない。

車やオートリキシャで行けるのはタージマハール500m程度手前なのでそこから歩きます。入り口では 人力車や馬車がタージまで行くよと待機してますが徒歩5分なので、不要。知らない人が使うくらいでしょう。

だけどこの道がくせもの。向こうからミネラルウォーターやらペプシをすすめられても絶対に飲まないこと。睡眠薬強盗の流行通りだそうで要注意。

(そりゃ、これからタージマハールに入る外人がお金を持っていないわけがない・・・)

ちなみにタージ以外のところでは2ルピーでいいよぉーとリキシャワーラーが声を掛けてくるけどインド人が2ルピーで働くわけがない。

そこらじゅうにある商売下手の小さいタージマハールの置き物屋に連れて行かれて買わされるだけの話です。

リキシャに乗らなくても店からオヤジが走って出てきて腕をつかみ店の中に引きづり込もうとするからもう大変。レストランに入れば横からつまらない自己紹介と知っている日本語「こんにちわ」を連発して「楽しかったでしょ?チップをください」と半ば強引に取られる。うざいだけなのに。

アーグラーの人々のあまりのうざさに駅に向かう途中リキシャを捕まえようとしたらタージマハールに行くのか?今日はタージマハールは休みだと言ってくる。別にタージに行く気はないがタージマハールが休みなんてありえない!と「ユー・アー・ライアー!」おめーのリキシャになんか乗るものかと怒り背を向けて去ったがタージマハールは週に1回金曜日がお休みでその日は金曜日でした。

もう、うそつきだらけでつい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。