HOME

TABIMELO

こづろぐ in TABIMELO

生き方パーソナルマガジン

子供の遊びを応用したプロジェクトか

アイディアで勝負してきたライフワーク

僕の未熟な音楽レベルから、大手企業の企画や、地方の祭りのメインゲストまで、つとめてきた。

自分の音楽レベルがそう高くないことはわかっています。

でも、そういう場所に立てたのは、そこにアイディアがあったからなのかなと思ってる。

誰も作らないような歌を作ること、アピールの仕方

作品の音楽的な「質」で勝負してきた人にとっては、「何でおまえが・・・」みたいなことはよく言われてきました。

ダイヤモンドは、もちろんだけど、小さなビーズだって、ほしがる人はいる。

僕はダイヤの原石でもない、おそらく単なるビーズ玉だ

ただ、その色が珍しかったり、ビーズで作ったアクセサリーが際立つ物だったり、そういうアイディアだったんだと思う。

そんなアイディアを、広報ツールというところまでジャンルを広げて、それを仕事にしてきました。

アーティストならではの手法で、一つのサービスや商品をそのターゲットと思われる人に、わかりやすい形で届ける

アーティストだったら、それ自体がライフスタイルだから、それほど難しくない

でも、今回、かなりハードルが高い

扱ったことのない空間(劇場やライヴハウスではなく、ひとつのテナントスペース)、自分主導ではないから、投資と利益という考え方がほぼ使えない

予算というお金がほぼない状態で、そこに真っ新な空間だけが広がって、さぁ、アイディアをぶつけておいでと、ぽっかり口を広げているモンスター。

なんだか、子供の頃、近所にあった空き地に似ているのに気づいた。

「今日、何して遊ぶ?」

何も思いつかないなんて日は一度もなかった

泥や石ころや葉っぱ、周りにある物はなんでも使った、お金なんかかからなかった

ヒントは子供の遊びにあるのかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。