カテゴリー:シナリオライター

2/7ページ

シナリオライター。筆の速さGP。

  • 2011.12.05

いかんのが、メルマガ創刊して2号目まで10日経ってしまっている。 隔週号ってことで(^▽^;) 11月にシナリオ、大作!といっても、40分ものと、60分ものを一作ずつ、書き上げました。 僕がシナリオセンターに通い出したのは7月だったか その日から毎週毎週、シナリオを書いています。 これで、一番よかったことは、自分の時速が何ページなのかがわかったんですね。 だから、脚本を書く行為がスケジューリングで […]

脚本家は左脳人間。小説家は右脳人間。だと思うんですけど違う?

  • 2011.11.29

今月締め切りのコンクール脚本を書いていました。 50~60枚規定 プロットを書き上げて、これならば!と意気揚々に書き進めていったんですけど・・・37ページで完結してしまった。 おい 何してんだ・・・ 明日までなのに・・・ ここは、勇気ある撤退か・・・ いやいや、今日一日、まだ、肉付けを考えてみます。 本来、芸術って削る作業だと言われています。 付け足すなんて、苦肉の策です。 さーーー そーゆーわけ […]

誰でも一生に一度だけ使える伝家の宝刀を持っている

  • 2011.11.19

一生に一度なら誰だってすばらしい小説がかける と言われています。 けっこう色々な本に書いてあります。 この言葉、あっちこっちみますよ。 多分、事実。 ビギナーズラックにも通じているんでしょうね。 反面、プロは何度もすばらしい小説を書かなければならない。 これこそが難しいのだと 僕は知ってるんです 何を題材にすればすばらしい小説になるのか そしてそれは誰しも一生に一度しか使えない伝家の宝刀なのです。 […]

カイジ面白かったわぁ~ すばらしい原作とすばらしい脚本と、etc….

  • 2011.11.05

さっき、テレビでやってた「カイジ」 なにげに、さらっと観てたら、釘付けになってた おもしろい!!!! 派手なアクションシーンがないのにあそこまでハラハラさせるのは、完全に 原作のクオリティ + シナリオライターの技術 もちろん、役者さん達も最強 2は映画館に行くべ 11月というこんな中途半端な時期に、なにやら面白そうな邦画のロードショーが続きますね。 邦画のもつ力。 爆破シーンも、CGも、アクショ […]

シナリオが書けないとき、札束を置く?

  • 2011.10.14

最近、あるシナリオライターさんのモチベーションのお話を聞いたんですね。 書かなくちゃいけない 書けない そんなとき、札束をPCの横において、モチベーションを高めるんだって えーーーー ちょっとショックじゃないっすか? 僕もそんなときあるけど、札束おかないもの ・・・ あー、ボクの場合は書いたところで現金が入ってくることもほぼないからか・・・ シナリオも どんな仕事も 世のため人のため はたまた現金 […]

明日はTOHOシネマズのサービスデーだもんで、あおいちゃんを観に行くか。

  • 2011.10.13

お、明日、TOHOシネマ、サービスデーだ。 ここでうんちくを一つ TOHO、東宝 映画配給から、演劇、ショッピング、グルメまでものすごい大きなグループですが、これ、もとは宝塚の東京支店だよね。 東京宝塚 小林一三さん私の行き方 阪急電鉄、宝塚歌劇を創った男 (PHP文庫)/小林 一三 ¥650 Amazon.co.jp もともと地方の貧乏な子だった 豊臣秀吉みたいな人だね 僕ら、脚本家や、芝居人は […]

1 2 7