音だけの上映会を企画する

音だけの上映会を企画する

プラネタリウムで音だけの上映会を企画しませんか?

このブログでは、こんなことをやりたい!ということを記事にしてきましたが、なにか実行していないことがないだろうか?と読んでいると我ながら良い企画がありました!
こんな面白そうなことを実行していなかったのか!と反省。令和元年にて改めてこの企画を進めたい。
ということで、これは2012年8月の記事をリライトしたものです。

神奈川県厚木市には市営のプラネタリウムがあり、上映会ができる。

2012年に有志でプラネタリウムで自主制作映画の上映会を開催しました。
スクリーンはプラネタリウムの天体です。
お客さんはプラネタリウム用のリクライニングシートで夜空を見上げるように天体に映った映像を観ながら楽しみました。
なかなか他にはない上映会でとても好評だったことを覚えています。

私たちが施設として借りた時も、もちろん星空を映し出すことができます。
そこで!この天体を観ながら、音だけの上映会はできないだろうか?と考えました。

プラネタリウムで音だけの上映会を企画
星を見ながら、オーディオドラマを流します。
10分以内の作品を5本程度。
テーマは「夜」「空」「星」
シナリオライター×役者・声優の有志が何チームか集まれば良いイベントになると思います。
音だけで披露するのでFMラジオ局も企画として賛同してもらえると良いかもしれないですね。
でオーディオドラマを作って星空を観ながらお客さんが楽しめる企画。

いかがでしょうか?
ラジオでのラジオドラマは根強い人気は健在ですが、そこはやっぱりコアなファン層に限られるところがあります。
ただ、星空を観ながら大音響でラジオドラマが流れてくればとても幻想的な空間が生まれてドラマ自体も更に楽しめると思うのです。
やったことがないのであくまで想像の世界ですけど。

施設のルール的に入場料をいただくこともできるのですが、そこは公共施設ということで無料イベントのほうが場所的に相性が良いのかもしれません。
だとすれば参加者に対するメリットは何か?

どこでどのように募集をすれば良い作品が集まるだろうか?
考えなければならないことは大いにあります。

でも!

僕はラジオ番組の収録を仕事としているので、ラジオドラマの収録、編集はできます。
舞台演出家でもあるので、演出もできます。
我ながらラジオドラマにもっともマッチする人材なのです。

僕だけで1チームできるので、あと4チームくらい、劇団さんが良いのかな。音声の編集はできますので、シナリオ、役者のチームがあるならば、是非、お問い合わせください。
短編が数作品集まれば面白いイベントになると思うんですよね。

僕が監事を務める地元のNPOと協力してできないか?打診してみます!
一緒に企画したい!クラファンやってみますか?などアイディアなどある方はご連絡お待ちしております!

メッセージフォーム

お気軽にお問い合わせください。






送信前に内容をご確認ください

送信内容確認画面は出ませんので、送信前に今一度、内容をご確認ください。
こちらから返信差し上げた際の返信メールにて送信内容のご確認はできます。

ラジオ番組を持ちませんか?

CTA-IMAGE TABIMELO 著者小塚ツルギは自ら運営する会社でラジオ番組制作会社を経営しています。