「脳にいいこと」だけをやりなさい!

NO IMAGE

「脳にいいこと」だけをやりなさい!/マーシー・シャイモフ

¥1,470
Amazon.co.jp
脳の本となれば、科学。
だから、絶対的に自己啓発本とは一線を画す。
そう思ってます。
自己啓発も僕は好きですよ。
だって、自分の内面からモチベーションを高めるのってすごく大変。
だから、本の力は大いに借ります。
話がそれました。
これは、脳の本です。
はい。
でも、その内容は自己啓発とあまり変わらなかった。
だからがっかりというわけでは決してなく、いわゆる自己啓発だって、脳への刺激がテーマであることに変わりはないわけだと気づいたわけです。
僕が好きだったのは、毎日、誰かに感謝するという項目で、すごく些細なことでも日々、人やものに感謝することで人生が変わるというものでした。
自己啓発本の中でこれを読めば、なんだか宗教っぽいなって思うかもしれないけど、「脳」の本で読めばなるほどな・・・なんて(ちょっと虫が良すぎる)
でも、ほんとに、実際、スーパーのレジの人がちょっとだけ親切にしてくれたり、エレベーターの出入りをちょっと譲ってくれたりしただけで、ありがとうございますと言葉に出すか、心の中で思うだけでも、なんだか平和な気持ちになってくる。
ミラーニューロン:感情は転移する
これは脳科学で実証済みで、人は喜びも、怒りですら転移してしまう
だから、プンプンしてる人には近づかない
マイナス思考、物事を批判的にばかり捕らえる人もちょっと距離を置こうだって
これはちょっと自己中心的かも・・・
僕なんかはそういう人にも平和な気持ちになってもらいたいと思う
きれいごとかな・・・
でも、一応、作家ですから
だから、その辺は課題かな
でも、充分、参考になりました。
これも糧だな。
奥さんにも読んでみ?と渡しました。