映像化100%不可能

NO IMAGE
読書離れと言われて久しいですが、僕も本をむさぼり読むようになったのは、ここ5年くらい。
それまではめっきり映像。
映画ばかり観ていました。

大人になり、社会で生きていく知識の乏しさから新聞を読むようになり

なにげなく、論説なんかに興味を持ち

活字が苦手でなくなり

本屋のポップにやられて小説を読み始めて

あれからは、365日、必ず読み中の本が存在する。

そんな僕が出会った小説で、この伊坂幸太郎さんの「アヒルと鴨のコインロッカー」はスゴイ。
アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)/伊坂 幸太郎

なにがって、100%映像化不可能なのです。


なんで?って思いますでしょ?

僕も映像作る人ですが(インディーズ映画や、地方CM・・・)


ひとこと


やられた・・・


という映像作家完敗の小説


ご堪能あれ!

ラジオ番組を持ちませんか?

CTA-IMAGE TABIMELO 著者小塚ツルギは自ら運営する会社でラジオ番組制作会社を経営しています。