速読の反対「ちまちま読み」が好き

NO IMAGE

ちまちまちまちま「七つの習慣」を読んでます
ちょっと読んで、立ち止まって、1週間くらいそのことについて考えてたり
決して読むスピードが遅いわけではないんですけど
ちょっと読んでは、遠くを見てたり、考えふけってたり、わけのわからないメモを書き始めたりで、本が進まないんですよね
小説でも、なんか、1回、ここで「つづく」にしておくか・・・と半年くらい積ん読しておくことがあります
湊かなえの「告白」は中毒症状でも起きたかのように、一気に読んでしまいましたけどDASH!
本によってまちまち
その「7つの習慣」の第二の習慣について、人は皆、何かを中心においているって言うんだ
仕事中心だったり、家族中心だったり、友人中心だったり、遊び中心、お金中心、妻中心、恋人中心っていうのもあったな・・・
この本のなかで、それぞれの「※※中心」の欠点をあげていくから、一体何を中心にすればいいんだ???と思いつつ読み進めていくと・・・
バランスなんだという。
あーやられた
そりゃそうだ
でも、たしかに、僕は家族中心であったことが否めない
電車で1時間もするところには極力、仕事を作らない、用事を作らない、行かない・・・
何が起きたか・・・そりゃそうだ、付き合いが減ったよガーン
子供ができて4年だけど、2年半で気づきました
なんかおれ、社会から孤立して行ってる・・・?って、そこからは、再びステージに出るはテレビに出るわ、仕事を立ち上げるわ、心理カウンセラーを学ぶわで、積極策に打って出たわけなんだけども
ぼ~っと過ごしているとまた、家族中心に偏っていくんですね
悪いこととは言わないけども、仕事やコミュニケーションをおろそかにしてると、自分自身の評価を下げて結果的に家族に迷惑を掛けないとも言えないじゃない?
とまぁ、ちまちまちまちま本を読んではそのことについて、考えたり、あんなことあったなぁ~、こんなことあったなぁ~なんて、思うふけっていたりするのです
都内の友人に会いに行くべか・・・すまんよ、都内
スケジュールのバランスとって、たまには行くから
バランスが大事よね