パソコンがどこまで芸術家の仕事を奪っていくのか?

パソコンがどこまで芸術家の仕事を奪っていくのか?


起きるのがつらくなってきました。
なんだか今年の風邪は、症状が治まった後ものどがカサカサする感じがぬけません。
同じような症状の方います?
僕とうちの奥さんと子供たち、全く同じ症状で、コホコホコホコホ。
たぶん、風邪、それ自体はぬけてるのに、のどの荒れだけが残ってるのかな。
さぁ、そんな状況ですが、今日は、今月中旬までには!と約束していたミュージカルの楽曲を上げてみせる!と意気込んでいます。
僕の使っている音楽ソフトが、Cubaseというのですが、年末にバージョンアップで7.0がでるらしい。
僕が今、5.5なので、ぼちぼち上のバージョンに飛ぶか・・・と思ってるんだけど、やや高めの価格。
うーん。なぜに金のない年末に…
バージョンアップしていく中、音楽ソフトの進化の傾向として、どんどんミュージシャンでなくても作曲ができるようになってきている。
軽く新機能を読んだら、頭と終わりのコードを決めれば間は勝手に決めてくれると・・・オイ!とつっこみたくなった。
これはCubaseらしくない。Cubaseはそもそもセミプロやプロが使うソフトだろうに。。。大衆化していくのか…
あんまり進みすぎるとミュージシャンとしての立場も危うくなるぞ・・・
カメラが進化しすぎてカメラマンの需要も減ってます?
それと同じように、作曲も素人で何とかなる日が来るのかと汗がでるんだ。
ヴォーカルもヴォーカロイドがでてきてるけども、あいつら、どこまで歌がうまくなるのか・・・けっこう、恐いものがある。
最終的にミュージシャンはMCで勝負!とかいうことになったりして。
まぁーそー簡単に人間の感性に機械がおいつけるわけがーないよなー。生きてる間は大丈夫?とは思ってるけど。
次にやられる芸術はイラストのような気がしている。。。違う?
目、鼻、口、髪型、輪郭で選ぶだけ、イラストが描けなくてもオリジナル漫画が作れる!みたいな。イラストはやられてもシナリオライターはやられないわね。
PCめ…にゃろ。

6件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    表現したいという人が増えているんだなと思います。
    そしてそれが片手間にできる便利なものがたくさんある。
    でもプロはとにかく続けていけるかどうかかなと
    趣味でやっている方はまた違うものに関心が行けばそちらに進む。
    プロはそういうわけにはいきませんもん。
    だから
    やり続けるプロには
    PCの力は関係ないですよきっと。
    あたしはそう信じてます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >イゴールのお部屋さん
    続けることが力になるのは絶対ですよね。
    僕もそれは実感してます♪
    PCの力は人間にはかなわない!と思いつつも、PCも所詮、人が作ったものですからね。
    でも、将棋はPCはやたら強いらしいですよ・・・
    負けるな人間!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    こつるぎさん
    お疲れ様です。
    なるほどー、
    わたしみたいな、
    芸術とかデザイン、センスに疎い、
    ド素人からすると、
    プロの技術が、簡単に
    使えるようになることは、
    とても、嬉しいことなんですけどね…
    でも、プロとしてプライドを持って
    仕事をしている人は、かっこいいし、
    やっぱり、作品にもその魅力が乗り移るような
    気はします。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >バンコク潜伏歴2年、専業アフィリエイター アメジ朗さん
    そーなんです、僕も別の分野では大歓迎な部分もあるんです
    けど、アジアの人たちに仕事が流れて、デザインや制作の分野ではソフトウェアが開発されてまた、仕事がなくなって…
    「そこは手をつけるのやめようよ」っていう自制心も人間には必要なんじゃないか・・・とか思ったりもするんですよね・・・

  5. SECRET: 0
    PASS:
    ロボと人で演劇やってますぜ(-。-;

お気軽にコメントください!