企業も大学も撤退していく街に可能性を感じて乗り込んでくる人

企業も大学も撤退していく街に可能性を感じて乗り込んでくる人


地域活動をしておいてちょっと問題発言かもはてなマーク
「地元」では、事業が早々に頭打ちするかも・・・と察知して、株式会社を故郷の横浜で設立する計画を立てています。
僕の地元では、大手デパートは数年前に撤退、映画館にいたってはもう何年前に閉館したか・・・
ひいきにしていた楽器屋も消えるらしい・・・大学キャンパスも次々に消えていく。
そんな地元の経済状況だからこそ、見限るんではなくて、地域活動、経済よりも更に根っこの部分から活性化させようと、NPO法人は、地元で登記します。
経済経済と戦おうとしても立て板に水、まずは人からなんだと思ってます。
地元のために働きますよビックリマーク
ただ、家族を養うとなると正直、現状は厳しい部分もありあせる事務所だけは横浜へ。
今まで職住一致できたんですけどね。
決断の時でした。
取引先も横浜が多いという、そういうのも原因ですが・・・
(不況のせいだけでなく、故郷なだけに人脈もあるし、地元でプライベートとビジネスのコミュニケーションを同時進行するには少々生きづらくて自分が自然にそうしてきたのかも。)
ただ、明日、ある方と会うんですが、その方は、ボクとは逆にこの地元に可能性を感じて、わざわざ移住、株式会社設立までされた方なんですね
なぜ!?
外から見た「地元」は別の顔をしているのかな・・・自分が見失っている可能性を見いだしているのかもしれない
話が聞きたい!!
既に内側にはいって、客観的に見る目を失っているのかもしれません
学んでこよう耳
そして、そんな「地元」に可能性を感じている方を是非、応援したい!!
地元、地元ってどこだよ?って?プロフィール参照でございます。
たしかに、今年、大きなニュースにもなっている場所ですけどねラーメン

お気軽にコメントください!