竹村 健一さん、しかめっつらに見えますが

  • 2008.02.13

竹村健一さん、サンデーモーニングなんかでよく見かけます。 いつもしかめっつらのコメンテーター 印象がすごく堅くみえるんですけど、この前読んだ本は意外中の意外でした。 政治や社会、国際情勢にうとい人でもすごくわかりやすい内容だった。 これ一冊で日本と世界の大変化がわかる! (竹村健一の3分間早わかり講座) (竹村健一の3分間早わかり講座)/竹村 健一 ¥1,575 Amazon.co.jp こんなに […]

知的生産革命

  • 2008.02.10

最近のビジネス書は、どれこもこれも Google Google Google!!! とまぁ、グーグルを使いこなせとそればっかりです。 実際問題、僕、多分、使いこなしてるつもり。 ビジネス書が好きなミュージシャンはビジネス書を読みあさってしっかり感化されたみたいで、ほぼ毎日Googleと向き合ってますね。 Outolook は完全にひらかなくなった。 全部のメールを転送専用にしてGmailに転送して […]

親より稼ぐネオニート

  • 2008.02.05

アフィリエイトや、株、せうり(ブックオフの100円コーナーの本をアマゾンで売るとか)、そのほか、一見、働いてなさそうに見えてしっかりお金を稼ぐ人をネオニートと呼ぶらしい。 親より稼ぐネオニート―「脱・雇用」時代の若者たち (扶桑社新書 6)/今 一生 ¥777 Amazon.co.jp この本、ちょっとスゴイです。 一見、タイトル見て、思ったのが「後ろ向きな人を肯定してどうすんねん・・・」 正直そ […]

海外の日本食。

  • 2008.02.03

バンクーバー(カナダ)で寿司を食べました。 僕だって、現地に行けば現地のものを食べる主義なんですがね・・・ なぜに寿司か? おいしい店が見つからないのと、いわゆる胃にやさしい普通のごはんが食べたくなった。 仕方ない、日本食だ・・・ と駆け込んだ店。 イラッシャイマセー とは中国語なまりの偽日本人。 出てくるものは、う~~~~~ん。。。ごめんなさい!寿司じゃない! でも、これが旅なんですよね。 まぁ […]

ソンクランがやってくる

  • 2008.01.30

もうすぐソンクランがやってくる。 なんて気が早いか・・・ タイの正月です。 通称、水掛祭り。 ご覧の通り大人も子供も水の掛け合いです。 カメラはビニールまいて防水体制でのぞみます。 いえいえ、カメラ構えているヒマはない、平和な戦争ごっこなんだから。 外人だってこんなにはしゃいでいるのにたまに本気で怒るタイ人に出会うとぎゃくになんだか安心してしまうのはなぜ? 日本にもこんな無礼講欲しいですよね。 う […]

チャーン島へ行け!

  • 2008.01.30

タイのリゾートといえば、プーケットがまず思いつくと思いますが、ここチャーン島は穴場です。もちろん、外人さん(僕たちも含めてですけど)も結構いるんですけど、タイ人が来るリゾート。 ゲストハウスで出会う旅人にはいつもチャーン島をすすめていました。 バックパック背負ってプーケットはないだろよぉ なんて偉そうなこと言いながら。 海は遠浅で、引き潮のときは隣の島まで泳いででなくて歩いて行けるのです。 シュノ […]

1 184 191