感動していただける作品が書けた!

感動していただける作品が書けた!


今日はね
ちょっと気分が良いですよ
シナリオ添削してもらって返される時
先生から
これはねー・・・感動した!
何よりのお言葉!
んが、講座でほめられて喜んでる場合ではないビックリマークこちとら既にこれでやって来てるんだから、そのくらい言っていただけないと困るってもんよ(つよき・・・)
自分でもこの作品は気に入っているので、原稿用紙7枚と少ないんだけど、ちょこっと赤ペンがはいったところを直して、自分のウェブサイトで公開してしまいます。
ePub形式にするので、iPhoneやAndroidで見てください。
アップは後日。
僕のシナリオはコンクール用以外ドカドカ公開していきます。
これはと思った方、ご連絡を。

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    短い言葉ですが、そう言われると本当に「作家冥利」に尽きますよね。
    その言葉を待っていた!みたいな。
    ツルギさんも、作品の公開を始めるんですね。
    是非拝見させていただきたいと思います。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >息吹肇さん
    ほんとですよ、レスポンスがないとやっていけない世界ですよね。
    自信がついてきました!公開にふみきります!

お気軽にコメントください!