男性が女性役、女性が男性役の芝居、演劇を企画したい。

男性が女性役、女性が男性役の芝居、演劇を企画したい。


だいぶ前に観たけったいなお芝居、(いい意味でけったい)のお話です。
そのお芝居はあるプロダクションの研究生による公演でした。
なんの情報も無しでいざ、開幕すると
男性が女性役をワンピース
女性が男性役を王冠1
でもって、そのことには一切ふれないんです。
普通にストーリーが進行していくんです。
最初、おぉ~~~!おもしろい!!!!って思って観てたんだけど
なんでだろう・・・
いつのまにか自然に観てたんですね
自然というか、すごい集中して観ていたんです。
逆に、ストーリーに入り込みやすくなってた。
なぜだ・・・はてなマーク
これ、ずっと謎だったんですけど、いやいや今でも謎なんですけど、だからこそビックリマーク
自分自身でも脚本、演出家としてチャレンジしたいと思い続けているんです。
特に女性を演じる男性は、おかまさんのような演技ではなく、まっとうな女性を演じてもらうわけです。ここはスゴイこだわりたい部分。
最後まで女性が男性を演じていて、男性が女性を演じているというところには一切ふれない。
最後まで通して。
お客さんが最後まで疑問を持ち続けるか、どこでその違和感を通り越すことができるのか?
これは演出家としての勝負のような感じ。
僕は元々歌舞伎の舞台にも立ったことがあるので、女形の方の芝居や舞台裏での振る舞いも知ってる。
逆に宝塚の世界は知らないんだけども、そこも研究して、どえらいもの作りたいなと思い続けているわけです。
こういうけったいなものはあえて下北沢とかをさけて、ストレートに横浜あたりに持ち込みたい。
でも、たぶん、女性役を演じたい男の役者さんがみつかるかどうかだね。
舞台は江戸か明治初期あたり。幕末かな。舞台が現代でこれをやるには、まだちょっとハードルが高いような気がします。
という企画を構想しています。。。なるほどな思ってくれた方は是非、その時はともに!というようなメッセージをくださいな。
まだ、ぼくの中の構想段階なんですけど、ずっとそんな舞台をやりたいと思い続けているんです。
異性を演じるっていうテーマを持つことで、演じることの究極のところに行き着くんじゃないか?そんな風に思ってるんです。
あとは芝居の内容とは別に性に対する意識や、個性に関するとりわけ性別を主体にした問題なんかもそれぞれが観劇後にふわっと意識してもらえるようなきっかけにもなれば、
それもまた、表現者としての意義にかなうんじゃないかななんて思ってるんですよね。
表現者は教えるのではなくて、問題提起をすればいいんだと勝手に思い続けているんです。
教えるほど、世の中のこと知り尽くしてないですし。
$いざ、前進のレシピ-映画館
異端児、発進ドクロ

2件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    なうでもコメしたんですが、、、
    お久しぶりです。最近は、現場で組み立てたりバラシたり…の作業が多く、書く方は進んでないですが、それ面白そうですね♪
    是非、お手伝いさせて下さい!
    知識はまだまだですが、精一杯頑張りますので!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ゆん♪さん
    どうもです!あれから、シナリオの世界、飛び込む準備してますか?ちょっと気になってました。
    でも、マイペースで、タイミングが合えば、僕の行っているセンターはオススメです。
    さて!御供って(*^▽^*)
    うれしいです、ありがとう!やっぱり女性の方がこういうの抵抗ないんでしょうね。
    スポンサーとかも苦労しそうだけど、一人でも面白そうと思ってくれるんだから、絶対、他にもいるはず!本気で進めてみたいなと思いました!

お気軽にコメントください!