ここ最近、一気に売上が上がった理由。フリーランサー、役者、アーティストにも応用可能な方法。

NO IMAGE

起業をして15年くらい。
フリーランスから会社経営者になり、今も一応は、社長ということになるのですが、名刺の肩書きは室長です。
というのも、会社名が、企画室創希なので、代表取締役室長にしています。
自分で、ボクもおかげさまで成長しました、おつかれさま!乾杯ビールという日が来たら、社長に昇級したいと思っています。
完全に自分のさじ加減以外の何者でもありませんが…あせる
15年事業を営んでいてようやく「なるほど、そういうことか・・・」と思えることが最近、多くなった。
これで事業が一気に加速して、ここ最近、突然に安定期を迎えた感があります。
何に気付いたのかはてなマーク
ブログでは余り具体的には書きませんよ。
こういうのを、いわゆる「企業秘密」と言うんですねべーっだ!
ただ、この「なるほど」は波に乗っている人と一緒に仕事することで得ることができました。
価値観のちがう人とコラボすることと、正直、「うさんくさ!」と僕自身が思っていることにその人はガツガツと足を踏み入れて、「とったどー!」と大収穫を上げるわけです。
そりゃ「えー!?」ですよ。
勝手に、「わな」だと思い込んでいたモノが、価値あるモノだったりするのだから固定観念っていうのは邪魔くさい。
もちろん、本当に「わな」というケースも多いし、それは良くないことだろ…というものもあるので見極めなければいけないわけですが…
何でもかんでも、美しいものばかりに触れているだけでは何も得ることができないのだなと思いました。
泥の中に手を突っ込んで、たくさんの損をしながら、最後の最後でお宝をゲットするわけです。
とか書くと、なんだかあやしいモノに手を出しているように思われそうですけど…
端的に書くと、ビジネス書は売るための商品なので、ターゲットをある程度広げた情報であることが多い。ほとんどの場合そうだ。
実際、欲しい情報は、
いつ、どこで、自分が、何をするべきか?
だということです。それは、自分向けの情報であり、決して本屋さんでは手に入らないわけです。
これがどこにあるのか?もしくは、どうやって導き出すのか?
というテーマなので、決して怪しくないです(^▽^;)
こういう情報を取りに行けなかった。
そんなボクは飛んだ臆病者だったと言うことに気付かされたのです。
あやしいモノには近づかず、与えられた仕事をこなしていれば良いという人もいる。
お金の掛かるモノは避けて、なるべく安いもので回していこうという経営者がいる。
結局、無難にやって稼ぐなんてことは難しいのかと思った。
経営者たるものリスクを取るものだ…痛感しました。今更ながら…
世の中にはそんなパンドラの箱がたくさんあります。
あやしいモノだらけ、メールでくるDMなんて9割あやしい。
むろん、ボクは向こうからやってくるモノは信用しない。
自分で探すのです。
今、ボクのビジネスが一気に加速しています。
僕自身、舞台人でもあり、ミュージシャンでもあることから、事業としても、アーティストとしても、一つのビジネスとして、どう仕事にしていくか?をテーマにしたメルマガをスタートします。
実は創刊号はすでに書き終わり、まぐまぐの審査結果待ちでございます。
アーティスト、ファイナンシャルプランナー、そして会社経営者のボクが伝えたいワークスタイル。「起業から超加速で平均月収に並ぶステップ1の戦略」創刊します。
これは無料メルマガです。
事業者、フリーランサーだけでなく、舞台人、音楽人にも読んでもらいたいフリーな生き方をするための「企業秘密」です。
配信開始まであと1週間!審査次第では早まる可能性もあり!?
どうぞ、お楽しみにしてください!