芝居、音楽、表現を学ぶとマルチになる

NO IMAGE

芝居、音楽をやってきた末、今はその講師として活動しています。
イベントの司会などもしていますが、そっちの方はまさに不景気です、なかなか厳しい汗
プロとしてのプライドはあるけども、スケジュールを進めるだけと割り切れば司会は誰でもできるんです。スケジュールを進める+アルファの部分が私たちの価値だったりするんですよビックリマーク
竣工式なり、何周年かの記念イベントでも、お客さんの社内からしゃべりの上手な人がやるケースがあって、仕事としては、設営止まりだったりすること多数。
もちろん、お仕事としてはありがたいんですよ!
設備のレンタル屋さんとも、イベントしてくれるだけありがたいですよ!なんて話してました。
実際、そうなんですよね
社長さんだったら、誕生日会でも、企業だったら何かにかこつけて祝賀会でもどんどん盛大にやればいいのに・・・
イベントをした後の興奮状態は商談が成立しやすいですよ恋の矢
芝居を終えた後、お客さんをお見送りしている役者さんたちを見ればイベント後の人間がどういう心的状態か一目瞭然。
あの人たち、まぶしいんですラブラブ!
と勝手なことを言っていますが・・・
やっぱりイベントは企業の支出縮減対象の筆頭ですよね。
まさに僕のお仕事はその対象なわけです
ただ、芝居にしても、音楽にしても、イベントにしても、表現をプロデュースしてきたわけで、この経験は自分の知らぬ間に自分を成長させてくれていたひらめき電球
表現の技術は応用が利くグッド!
僕の自慢は、「マルチだよね!」とよくいわれること。
でも、実は学んだことは一つなんですね
「表現」
気づいたら、その延長線上にあった仕事、ウェブデザイン、チラシデザイン、名刺デザイン、ロゴデザイン
たぶん、起業する人が一番最初に手をつける分野なのかな?というわけで僕もやっております・・・
イベントプロデューサーが作るとこうなる、スケジュールの進行や、式典の言葉使い、企業向けであれば丁寧にわかりやすく、一般のイベントであれば、軽快で和やかに
ちなみにこちらは企業さんなので、丁寧にわかりやすく
ウェブデザインにも発展できました
ここ最近、お仕事しているところをご紹介させていただきます
有限会社 大興資源
株式会社 アイダスト
お気軽にご相談を・・・
さりげなくブログで営業している・・・
街のマルチ兄さんをめざします!

ラジオ番組を持ちませんか?

CTA-IMAGE TABIMELO 著者小塚ツルギは自ら運営する会社でラジオ番組制作会社を経営しています。