HOME

TABIMELO

0→1コンサル

自営業・経営者・独立の広報部!

お茶のついでに映画を撮ろう

表現者って、つねにモンモンとしているモンなのでしょうか?
ぼくだけででしょうか?
知り合いでも多いのが、特に作家さんや、音楽系の方。
社会的問題を扱う報道に対する反応の速度は、経営者仲間以上。
発信欲求が半端ないんだろうな。
僕も含めてなのですが。
ただ、ブログやSNSで吐き出してしまったら、作品にするためのエネルギーも全部、吐き出してしまっているのではないか?と不安になるので、なるべく、とりわけシナリオのために取っておいたりする。
シナリオのネタはノートの中。
でも、やっぱり、世の中めまぐるしく動くもので、つねに
あー吐き出してー
と思う。
で、思った。
気軽に吐き出せる媒体はないものか?と。
(「吐き出す」って下品な言い方ですが・・・)
表現する方法を大きく分けると・・・
1.文章や言葉で表現する
2.音楽で表現する
3.映像で表現する
とざっくりあります。
そして、今日のテーマは、気軽に!です。
僕から言わせれば、「ブログに書く」は気軽すぎるのです。
ただブログを書くなんて、もう、誰の心にもささらないし、せっかくアウトプットしたエネルギーはお茶漬けのようにサラサラ流れていってしまうだけだもの。
それに10分で書けるようなブログ記事に魅力を持たせるのは平民の表現者にはできません。
最近、思ってる。ブログなんて自己満9割だな・・・って。
読者の皆さん、付き合ってくれていてありがとう。残りの1割です。
平日仕事で、土日は家事育児です。
忙しい最中でも、散歩ついでに作品を世に出したいのです。
作品を作る上で費やす所要時間は、1時間~上限でも3日以内で済ませたい。
それでは気軽にアウトプット戦略を発表します。お付き合いしていただける方は、ご一報。
1.文章や言葉で表現する。
文章書いてアップして、無駄骨におわることが一番多い。
せめて、音声だ。
ジングルと、トークバックさえ、揃えれば、あとは録音するのみ。
Podcast×音声ファイルをfacebookでアップロード。
声で伝える所要時間:2~3時間
2.音楽で表現する
僕にとってはこれは気軽ではない・・・作り始めたら、1曲に2週間はかかる。
とりわけアレンジ。ミックス。
だから、これは、気軽にアウトプット戦略からは除外です。
ちなみに、やりたくないわけではないです。これは、やるときはやる!戦略です。
3.映像で表現する
今、YOUTUBEやツイキャスやUstreamやニコ動や・・・
あきらかに映像の時代ですね。
でも、映像作品を作るのが一番、時間が掛かる。脚本書いて、役者集めて、撮影して、編集して・・・
でも、動画投稿サイトを見ると、みんなそこまでの作品をアップしているわけではない。
軽く撮ってみた映像をアップしている人がほとんど。
でも!表現者はそれでは満足行かない。
というわけで、気軽にスマホで作る映画を撮ってみたい。
ちなみに、JASRACとYOUTUBEは著作権の包括契約を結んだようです。
動画投稿(共有)サイトでの音楽利用
このYES、NOをたどってゆくと・・・個人で、宣伝目的でなければ、市販の音楽を使って映像作品が作れる!というわけだ。
普段から、スマホか、コンパクトカメラを持って、シナリオライターと役者のタマゴがお茶のついでに、その場でアイディアを話して、ちょっと帰りに河川敷で映画撮っていかない?という気軽さがあってもいい。
というわけで、だれか、「お茶をしよう」いやいや、こんなサークル活動あってもいいかも。

“お茶のついでに映画を撮ろう” への1件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ブログ読ませて頂きました!僕も情報発信者として自分なりの生き方など書いてます!また見に来ますね!是非やりとり出来たら嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。