感動していただける作品が書けた!

NO IMAGE

今日はね
ちょっと気分が良いですよ
シナリオ添削してもらって返される時
先生から
これはねー・・・感動した!
何よりのお言葉!
んが、講座でほめられて喜んでる場合ではないビックリマークこちとら既にこれでやって来てるんだから、そのくらい言っていただけないと困るってもんよ(つよき・・・)
自分でもこの作品は気に入っているので、原稿用紙7枚と少ないんだけど、ちょこっと赤ペンがはいったところを直して、自分のウェブサイトで公開してしまいます。
ePub形式にするので、iPhoneやAndroidで見てください。
アップは後日。
僕のシナリオはコンクール用以外ドカドカ公開していきます。
これはと思った方、ご連絡を。