「本当の事を伝える」会社を目指す。

「本当の事を伝える」会社を目指す。


年末、仕事納めだー!と一介のフリーランサーがつぶやいても、
今年中に終わらせてやる!と仕事のラストスパートをかけているお客さんもいるもので、
こっちにまで仕事が降ってくる
ありがたやありがたや・・・
と思えど、マイペースがたもてないフリーランサーです。仕事収めは大晦日かな。
今年は株式会社にして2年目のシーズンでした。
決算月は2月なので、間もなく3年目を迎えます。
表現者として、あの3.11から思っている事は、大きく出ると・・・
メディアが作りたい
ということで、
テレビ局の社長を目指す!というわけではないのですが、
Days Japanのような、真実を伝える雑誌を発行するような「本当の事を伝える」会社にしていきたいという思いがあります。
スポンサーを近くに置かない
そんな、Days Japanや、WOWOWの送り出すコンテンツには、魅了されます。
Days Japanが写真
WOWOWがオリジナルドラマ
それならば、自分が選ぶべきコンテンツ媒体は何だろう?
WEBを使うと、WEBには真実とそれをとりまく感情論にまみれていて、むしろ真実をつかむと同時になにか違うもの(多くの場合、思想)もつかんでしまうような印象があります。
一次情報を受けた人が発する中途半端な正義感にまみれた二次情報、三次情報が連なるだけで、なんだか、付き合いきれない。
何を使って伝えよう?
芝居?小説?雑誌?音楽?
誰の言葉を伝えよう?誰の言葉が真実なんだろう?
アーティストが平和を訴えるけど、しっかり真実をその目で見ているのだろうか?
それゆえに沸き立つ感情が歌になっただろうか?
少なくとも、多くの小説家が取材にお金と労力を掛けるのと同じように、多くの劇作家は取材しているだろうか?
二次情報をネタにストーリーを仕上げる事だけをゴールにしていないだろうか?
政治のせい、社会のせいにする人たちは、自分の責任が、どこにあるのか?気付いているだろうか?
悪い部分の指摘するだけで、何が良いのか賞賛した事があるだろうか?
いずれにしても、WEBで発信することをメインとはせず、あくまでツールとして、他の媒体で「伝える」ということにシフトアップしていきたい。
そんな会社に一歩一歩近づいて、今は一人の会社だから、フリーランサー同然ですけど、名実共に、会社の社長になれるようがんばっていきます。
そんな、年末。来年への、抱負でした。
共感していただける方、ビジネスパートナーになれる方がいれば、2014会いに行きます。

お気軽にコメントください!