勉強したことは実行してこそ生きる

勉強したことは実行してこそ生きる


勉強家

僕も案外、そのうちの一人かもしれない

変換すると、オタクだったりする

でも、勉強家とオタクの実質的な違いっていうのは、その対象に中身があるかってことだと思うんです。

あくまで、僕の「勉強」という言葉にたいする概念ですけど。

勉強は、アウトライン。

思考法とか、雑学で、本来の中身の扱い方をまなぶことで

オタクは、完全なる中身を追求する人。

だから、勉強家であり、なおかつ、何かのオタクでなければならないと思うわけです。

ビジネス書ばかりを読んでいる人は、そろそろ、その中身に特化したものに手を出さなければ、ただの勉強家になってしまうでしょう。

社会はオタク:専門家を求めていると思う!

ビジネス書や自己啓発本はよく読みますが、それ以上に、僕の場合は、人前で話したり、教えたり、音楽を作る、その他、表現するという仕事なので、音楽理論の本や、心理学の本など、「中身」のある本を選んで、なおかつ、

これが重要

実行するわけです。

実行のない勉強は意味なし。

僕の活動に対する理念です。

偉そうでゴメンナサイ、あくまで、自分に言い聞かせています。

お気軽にコメントください!