こんなタイトルだと読んでない

こんなタイトルだと読んでない


シナリオの師が、タイトルは先につけなさいと言うのです。
僕は、あとのせサクサク派だったのですが、最近は先に考えたりする。
むかし、「ブックブックは魔法のコトバ」という音楽劇の台本を書いたときがあって、その時はプレスリリースで先にタイトルが欲しいと言われたので、先にタイトルを考えて後からストーリーを考えました。
たしかに、その行程も書きやすかったような記憶がある・・・
どっち派?
どちらにせよ、作品タイトルはとても重要ですよね。
それで、見たり、見なかったりする。
曲につけるタイトルは、ライヴの時に「次の曲は、※※です」と言ったときに恥ずかしくないように心がけますあせるそこはてなマーク
商品やサービスに名前をつける仕事もしてますが、名前ひとつに、万単位のお金が飛ぶんですよ。
およそコンペ形式の仕事に参加させていただくのですけど、さすがにボツのほうが多いです。
そんな、コトバと戦う僕が思う、ブログ記事のタイトルについて
Amebaはマイページに読者登録したブログの最新記事がならぶのですが、およそ片っ端から読むには読むんです。
でも、忙しいときとかはセレクトします。
そんなとき、タイトルが
「ぎゃー」とか「わぁー」っていうのは、まず、読まない…
ごめんなさい。
「※※※とは★★★だ!」も、ほとんど読まないです。
タイトルだけで、なるほど、そうですか、ふむふむとなってしまう。
「※※※で売り上げアップ!」も読まない。おいしい情報を無料で流しますか?とそもそもこれ系を疑っている。
「1ヶ月ぶりにブログ更新しました!」
「ブログ復活!」知らんがな。
じゃ、お前はなんだったら読むんだ?と言われそうですが、あるんです、「ん?」っていうのが。
たとえば、「もう、だめっぽいです」
こういう困ってます的なタイトルは読みますな…どうした?って思う。
良心をくすぐられるってことなんですかね?
「★★は今、・・・」今、★★どうなってる?って思う。
でも、ブログタイトルと作品のタイトルはちょっと違いますよね。
ちなみにこのブログは自分の日記感覚なので…あんまり考えてませんからーーー!
人のこと、言えないだろと言われる前に。。。

お気軽にコメントください!