学び。こちら側から取りに行く力を使う

NO IMAGE

最近、テレビよりも、映画よりも、小説にはまっています。
感情表現の仕方が映像より文字のほうがよりセンシティブに表現できる分、そこが斬新で楽しい。
映像だと役者さんの表情で読み取らなければならないけども、文字であれば、かなり深いところまで具体的に表現できますよね。
その部分って、めちゃくちゃ楽しくないですか?
心の奥底の声が聞けるのは小説だけ。
最近、小説読みながらゲラゲラ笑ってる自分がいて、ちょっと引く(自分で)
久しぶりにテレビとか見ると、なんか、すごい罪悪感を覚えるのはなぜだろう
あー・・・なんか、楽だ・・・っていうあの感覚。
それでもって勝手に刷り込まれていく感じ?
ちょっと、試しにやってみて欲しい実験があります。
小説を2~3冊くらい一気読みする。

テレビのバラエティー番組を見る。
なんだこれ?すげー楽って感じたら僕が感じたやつと一緒です。
テレビ、特にバラエティ番組って、完全100%受け身で見てたわ。
頭、全開でOFFだったんだ…
だからといって、悪いわけではなくて、そんな時間も必要ですよね。
芸能の社会的存在意義がそこにあると思っています。
ただ、心が健康なのに、バラエティばっかりだと、もったいない。
本はこちらから、
テレビは、向こうから
近づこうとする力がありますよね。
(ちなみにピカソはこちら側から近づく力が必要。)
(映画だと、こちらから近づかないと、なんのこっちゃわからないものも多いですけど。
フランス映画とか。)
思うのが、どんなシチュエーションでも、力をかける方が、結果的に何かを得ることができてるような気がします。
受動的な姿勢で体験したことはほぼ、忘れてる。
その話で言えば、たぶん、放送大学の先生が、アナウンサーバリに流ちょうに話したら頭に入ってこないかも。
あくまで、学者口調なので、こちら側から近づいていく力が必要で、それがかえって、得るものに変わってるのかも…なんて思いながら授業を受けています。
集中せーあせる