世の中のなんでを考えるシナリオライター。情報商材ってなんで売れるの?

NO IMAGE

シナリオライターは色々なことにアンテナ張ってます
やっぱ新聞やニュースは欠かさないですけど、あまりメジャーすぎるニュースは別に自分が取り上げなくても…いいですよね。
みんなどんなことを思ってるんだろうというのはよく気になってmixiの友人の意見を探ったりすんですけど。
でね、突然なんですけど、最近、気になってるのが、情報商材ってあるじゃないですか?
あれ、感情で買い物させるんですよね
気持ちを盛り上げさせといて、
最後に2万とか3万とかのショッピングカートが待ってるやつ
もちろん、それ相応の情報があるのかもしれない
書籍とかにして多くの人が知ってしまってはその価値が下がってしまうようなこともあるんでしょうね。
でも、やっぱり疑問があるんです。いくら感情を盛り上げさせると言っても
なんで、大前研一とか勝間和代みたいな経済評論家さん(好き嫌いはもちろんあるでしょうけど)の書籍が1500円とかで売ってるのに、なんで無名の方のお金に関する情報が2万、3万でそちらを買ってしまうのだろう。
これ、すごいね、無名なのに売ってしまうんです。
自分には合わないし、絶対、やれないけど。
最近の研究対象ですね。心理学の。
ただし、変なもの、ぺラッペラなものがいっぱいあるみたいだから、そういうものにはつかまされないでくださいね。
僕は出版社が何度も校正をかけて、編集者と共に作られた書籍(本)の方が絶対イイと思ってる読書家ですけど。気にしたことは何度かある。
なんてことをちょっとあせる思っただけです
良いものもあるんでしょうけど、これからは電子書籍がばんばん出てくるから、情報商材ってどうなっていくんでしょう?