AppleやAdobeやSteinbergの実力は僕の実力じゃないの!

NO IMAGE

シナリオとラジオパーソナリティのゼミやワークショップに参加して技術を磨いているんです。
音楽に関しては、自らもヴォイストレーニングに励む中、ヴォイストレーナーとして活動している。
これが習うよりむしろ教えている方がはるかに上達する。不思議なことです。
脚本
ラジオ
音楽
と僕のアイデンティティー
これがさ
昔なら、下積みを重ねて「いつか!」みたいなジャンルだったわけですよ
それがだよ
今ではデジタルビデオがあって、編集ソフトがあって、自主制作映画が作れる、小さな画面でいいならYoutubeやUstereamで全世界に発表できる。
ポッドキャストでラジオ番組が作れて全世界に発表できる
音楽だってパソコンで録音してiTunesで簡単にデビューできる
インディーズとメジャーの違いってなくなってきてる。広告費だけ?
って
自分の追い求めていた夢が今、こんな状況になってて
なんか肩すかしくらうのよね
でも嬉しいことだと思ってるんだよ
だけどだ・・・
そういうところで発表した時点で満足しちゃうんだ
いかんだろー反省する
やっぱさ
ほとんどの人は、
自主制作映画のイベントに行かないし、
ポッドキャストを聞かないし、
知っているアーティストの曲しか買わないのだよ
昔も今もかわらないのは、テッペンの場所だよね
Adobe Premiereでバッチリ編集できたって
Cubaseでクオリティの高い音源作れたって
パソコンの実力
$いざ、前進のレシピ-パソコン
自分の実力じゃないし
ゴールはそこじゃないよね
市民ホールでミュージカル作って、家族や知りあい呼んで満員御礼で満足してたらあきませんがな
ほんと、アラサーでこんな位置なんだから、恥ずかしい
今日も創るぞ
そして、書く
そだ、また、一本シナリオだ
ってこればっかり
でも、書いて書いて書きまくるのだーーーー