チケットノルマという変な文化

NO IMAGE

役者さんやミュージシャンに人生相談されることがある。
その中でも、チケットノルマ文化に関する相談がけっこう多い。
僕も苦しんだチケットノルマ。
舞台に出演するには、およそチケットノルマとして、10人とか20人とかにチケットを売ってくださいというチケットノルマがある。
ミュージシャンの場合もライヴハウスから科せられるチケットノルマ。
もちろん、売れなければ自腹になるわけです。
思いつくのが、どうせ自腹になるならば、ご招待してしまえという流れ。
結局、お金を払って努力の成果を発表する。これは「趣味」ではないか?とさえ思ったりする。
ミュージシャンはあまりやらないけど、役者文化では、「行くから来てね」ということで、回っている。
つまり小劇場の客はほとんど役者なのである。
同業者同士でぐるぐる回っているので、進歩がないのだ。
客として来ないくせに自分が出演する舞台のDMだけよこす役者は嫌われていく。
それもどうかと思うんだ。
DMもらったって、行きたくなければ行かなければいいだけの話。
気にしなければいいんだよ(笑)
このチケットノルマ文化、これは日本独特らしい。
僕がアジアをギターを担いでバックパッカーをしていたとき。
何か唄って盛り上げてよ!てな具合で、レストランや酒場で歌を歌っていました。
ギャラはいただかなかったけど、タダでお酒やつまみをいただいて、森山直太朗のさくらをよく歌っていました。
(特にベトナムの女の子が「さくら」好きだった。2005年くらいか?)
お店やイベント運営サイドがお客を持っているので、僕自身がお客を呼び込む必要はなかった。
僕はギターを持って散歩しているタダの日本人だもの。お客がいるわけがない。
話を日本に戻すと・・・
チケットノルマ制だと、客がゼロでも、満員でも、ライヴハウスの売り上げはほとんど変わらないわけで、そんな商売をしていると、店として努力をする気になるのだろうか?と心配になる。
ライヴハウスにとっての「顧客」はオーディエンスではなく、もはやアーティストなのだ。
というわけで、「お客さん」に「ダメだし」するわけにも行かず、ダメなアーティストでも平気で歌い続けていくのだ。
こういうライヴハウスの経営ってコインパーキング運営とどうちがうんだろう?
もっと企画力をあげて、企画側もお客さんを呼んであげないと、アーティストが自分の身内呼ぶだけじゃ疲弊しちゃう。
僕自身は企画側で動くことが多いのだけど、だからこそ、がんばらねば!と思うのだ。
とはいえ、、前回のイベントは、企画サイドとしてほとんど、集客できなかった。
こっちも苦労するけど、がんばるので、アーティストも一緒にがんばろう。
そして、チケットノルマ文化をぶちこわしてやりたい。
たしかに、今は、それに従わないと、公演なんか打てないんだけどね。