妖怪ウォッチシリーズの買い占めにイラっ。

妖怪ウォッチシリーズの買い占めにイラっ。


子供の市場に大人が入ってくるな!

という話で。

うちの子も妖怪ウォッチが大好き。

メダルやカードが欲しくてたまらない毎日。

たまらないのは、気持ちもそうだけど、実際のそのアイテムが貯まらないのだ。

スーパー、デパート、コンビニ、まったく在庫がないんですよね。

ある場所は…子供の手の届かない場所。

ネット上。

しかも、2倍、3倍、それ以上の価格設定で出品されているんですね。

買い占め、価格のつり上げ、独占禁止法と同じ構図で、これは倫理的違反。

僕らが子供の頃は、ビックリマンチョコ、それより以前は、まじゃりんこシール(知らんだろうなー…)、有名なところだと野球チップスカード。

お小遣いを貯めて、ひとつひとつ買っていました。

同じパッケージ、中身を想像しながら、おみくじでもひくように選ぶんです。

さて、その妖怪ウォッチシリーズは在庫不足を追いかけるように、5月6月で市場に再投入されるのだという話。

「大人買い」するやつは、どうかお店の方でルールを決めてシャットアウトしていただきたい。

子供たちがお小遣いと相談しながら、同じパッケージを見比べながらお買い物をする楽しみを奪わないで欲しい。

お願いします。

お気軽にコメントください!