時と場合によって一人称が変わるのは不便。

NO IMAGE

今まで、個人サイトと、バンドサイトと、自主制作映画団体サイト、子育てのブログや、音楽活動のブログなど、あっちゃこっちゃあったものを、一つにまとめてみました。
ただ、やっぱり
モードが違うんですよ
たとえば、個人サイトだったら、一人称が”ボク”とか、”おいら”とかそういう雰囲気になりますよね。
でも、お仕事のページだとやっぱり使いにくいんですよね、ボク。
お客さんのご好意で
Produced by でボクのお仕事のページにリンクさせてもらってたりするのですが・・・
しっかりした会社さんのリンクから、ボクの個人ページ「今日も娘と息子がかわいいぜ!」的な日記に飛んでくるのは、うーむ、個人的にはありかと思ってるんだけど、世間的には・・・公私混同?
というわけで、デザイナーとしてのページは作ってみました
ただ、音楽家やパーソナリティとしては、普段の自分で行きますです
デザインの現場も普段のボクなんですけどね
英語にしたら、一人称は、I ひとつで済むんだろうけど、たぶん、ホームページも一つで済んだんだろうな・・・
まだ、実績、ちょこっとしか載せてないんですが、こんな感じのデザイナーページです。
$フツウが最高-KOZUKA WEB
デザイナーらしくしてみました。

ラジオ番組を持ちませんか?

CTA-IMAGE TABIMELO 著者小塚ツルギは自ら運営する会社でラジオ番組制作会社を経営しています。