資格の勉強、作家、シナリオライターに意外と役に立つ。

資格の勉強、作家、シナリオライターに意外と役に立つ。


知り合いからNPO法人の登記の仕方が難しいとのことで、手伝って♪といわれました。
それは法律違反です・・・
自分の株式会社の登記もやったし、役所関係の書類は、前に役員だった会社でたくさん扱ってきたのでわかるっちゃわかるんですけど。
多分、僕がそのNPO法人に所属すれば自己申請になるので、違反にならないと思うよという話はしておいた。
もしかしたら、所属じゃダメかも、運営サイドにいないと、これは役所に相談してみよう。
一応、法学部卒業しているせいか、親戚、知人から、書類の書き方わかる?というような相談をうけるんですけど、ここまでくると行政書士の免許があった方がいいのかな・・・なんてことを思う。
(ちなみに登記は司法書士ですよね。)
去年、なんとなしにFP2級とってるし、勉強は好きなんです。
使わないだろ!というツッコミもありますが、これが意外に使えるんです。
何に使っているか?
全部、取材に使える。
資格があったり、知識があると、人から相談されるようになる。
あらゆることを知識として持っている事で、人と話すときに引き出しが増えます。
デバイスになるんです。
ライターさんで言えば、シナリオやら記事をかくための取材になる。
元医者の作家とか、元銀行員の作家とか、専門的知識のある人は濃い話が書けますよね。
直接的に役に立たなくても、なにかしらの効果、(とりわけ人に与える印象の変化など)があるっちゃありました。
FPに関しては、お金の知識なので、うまくお金を貯蓄や投資に回せるようになったかな・・・と思います。

お気軽にコメントください!