年間1,900円で映画、音楽三昧の中、プロミュージシャンはどうやって生きていくんだ?

NO IMAGE

たった1900円で山盛りの映画と音楽が手に入る

僕は放送大学の学生なので、あらゆるところで学割を使い倒しています。

f:id:tsurugi0720:20160121144739j:plain

PCソフトを購入するときもアカデミック。

映画はもちろん、学生料金です。でも、入場するときは自ら学生証を出して「オッサンですけど学生です」とひとこと言ってから入るようにしています。

なによりも一番嬉しいのが、amazon student。
プライム会員のサービスが受けられるってことなんだと思う。

本が10%ポイント還元。お急ぎ便使い放題、プライムで配信している映画ドラマが見放題、音楽だって100万曲が聞き放大、電子書籍も月に1冊決まった中からですけどDLできます。

無料体験期間が終わると年会費1900円ですけど、完全に元が取れる。(取れるどころの騒ぎじゃないです。)

学生でなくても年会費3,900円だからけっして高くない。

amazonプライムを使うと他のサービスが不要になる

f:id:tsurugi0720:20160121144906j:plain

スカパーいらない、USENいらない、TSUTAYAもゲオもいらなくなる。CDも買わなくなるし…本も月に1冊タダだから、年間で12冊分節約…

日本の企業がーーーー!影響を受けているのはどれもこれも日本の企業。エラいことであります。間違いなく、僕もダメージを与えている一人です。

更に、著作権者が心配になってくる。

音楽に関しては、iTunesも開かずにPrime Musicを常に流している。

僕自身も映像を作ったり、音楽を作って発表することがある一人なので、ユーザーとしてはちょっと複雑な気持ちになる。

以前は、好きなアーティストがアルバムを出せばせっせとCDを買いに行ったものだし、HMVで試聴しては洋楽CDを買いあさってもいた。年間、10万円は音楽に費やしていたもの。

でも、今は1,900円。

さぁ、どうやって食べていくんだ?プロミュージシャン?

とりあえず、この年額1,900円のコンテンツの山盛りを堪能しながら、ユーザーとして感じる「足りないもの」を感じるのだ。

皆、口を揃えて「ライヴ」と「グッズ」と言う。

f:id:tsurugi0720:20160108140328j:plain

子持ちはライヴ行けないし、アーティストの名前が入っているだけの飾りなんて欲しくもない…

あと何があるんだろう…このままで良いとは決して思えない。