HOME

TABIMELO

こづろぐ in TABIMELO

生き方パーソナルマガジン

正月、従兄弟同士会わせても見つめ合うのは3DSのディスプレイ

子どもにゲームはいかん!と思った2017元旦。

我が家の子どもたち。3人の真ん中が男の子。弟のところは男の子が3人いて、このボーイズどもが仲良し。お泊まりをしたりとなにかと交流があります。

「交流」と言っておいてなんですが、これは交流なのか?

男の子たちを会わせると、それぞれが、手にDSを持ち、個々にゲームをやっている姿。2017元旦。

久々に会ってなぜ、会話もしない・・・

お宅のお子さん、ゲーム依存症でないかい?

うちに関しては、去年がゲームデビューの年。

それまでは、妻がゲーム反対で、とにかく遠ざけていましたが、去年の春、妻が1週間の入院になり、子ども3人かかえる1週間。子どもたちがさみしくてたまらなくなっているのを見かねて、入院期間だけだよということで、「借りてきた」と嘘をついてやらせてあげた中古のDSがゲームデビュー。

そこからは、一日30分!としつけても、まぁ、守れない。

ゲーセンのゲームのほうが健全か?

ゲーセンのゲームは、買い物次いでにやらせてあげていましたが、まだ、あちらの方が、週に1回100円で3,4分で終わりますからね。
もしかしたら、DSやらせるより健全なのかも。(けっして健全なものではないですけど、比べると)

その内、ゲームをやっていない時間、いわゆる普通の時間に「つまらなーい」とわめくようになった息子。

遊びをクリエイトできなくなったんだろうか?と危機感を覚え、年末にボクは勉強した。

この2冊を読むと、あぁ、恐ろしい。麻薬と一緒とか言うじゃない。

 

ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)

ゲーム脳の恐怖 (生活人新書)

 

 

インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)

インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで (文春新書)

 

そこは完全に鵜呑みにはしませんが、お子さんがゲーム漬けになっている親御さんは一度、読んでみることをお勧めします。

息子に関しては、もう一つ夢中になっているサッカーがあるので、そこまで心配はしていませんが、もう少し減らしたいゲーム時間。

ということで、正月にこいつを与えるとドはまり。それは、これです。

 ゲーム好きは、けん玉にはまる。

KDX ケンダマクロス 極 ONE PIECE ゴムゴムの巨大皿

KDX ケンダマクロス 極 ONE PIECE ゴムゴムの巨大皿

 

 1日中やってます。けん玉(笑)

結局、なにかをクリアしたいわけです。

課題を与える。これができたらゲーム時間、今日、10分増やしてあげるとか逆説的なことをえさにさえする(笑)

お昼、レストラン連れて行ってやるとか。モチベーションは何でもいいとこの本が言っていましたから。(本の知識ばかりです。)

 

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 そこで、今年やってみたい。

クラウドファウンディングでけん玉大会とかできないか?

ゲーム、ゲーム、ゲームの子どもたちに贈るけん玉大会開催。

子どもがゲームばかりでうんざりしているお父さん、お母さん、えさ吊してけん玉やらせようよ。

クラファンとかで支援してもらって、子どもが喜びそうな賞品集めて、大々的なイベントやってみたいなと妄想を膨らませています。

まだ、妄想の域ですけどね。

ゲーム漬けの子どもたちを救いたいと切に思う。

 とか言いつつ、ボクもゲームが好きです。ただ、絶対、人生のメインストリートに置いたら駄目よ!と思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。