LCCで家族旅行。格安で済むけど注意が必要。

LCCで家族旅行。格安で済むけど注意が必要。

初めてのLCC家族旅行の方向けの記事です。

この夏、家族5人でタイへ行きます。春頃にすでに予約を終えましたが、家族で海外旅行、さらにLCCを使うというのが初めてだったので、同じように家族でLCCで海外へ旅行される方に知っておいた方が良い情報をお届けします。

子どもが小さいと深夜便や早朝便はちょっと厳しい

最初はパッケージツアーを検索しました。ツアーと言えば、HISなどを使われる方が多いとおもいますが、ツアーは飛行機が既に決まっている。
フライト時間がほぼ選べない。良い時間帯を選ぼうとすればするほど万単位で料金が上がります。
節約をしようと思えば乗り継ぎ便でやたら時間が掛かったり・・・良い組み合わせがほとんど見つかりません。
子どもに我慢してもらうか・・・と最初は思いましたが、初日に夜中に着くとか、子どもにとっての初海外で、テンションがやや下がってしまう。
さらに、夏休み、結構長くとれるのに3日とか、4日とか、ちょっと少ないのばかり。
ツアーは縛りが多いのです。

ツアーをやめて好きな時間の航空券を直接とり、ホテルも個別で予約する

ツアーはとにかくバッチリ!というパッケージにはなっていない。なっていないからこそ、延長オプションだの、ホテルグレードアップオプションだのとオプションで稼ごうとするわけです。
ならば最初から、好きな飛行機と好きなホテルでとってみてはどうだろう?と思い立ちました。
ツアーと比較してどれだけ高くなるのだろうか?

LCCを使えばツアーよりも断然安い!

やってわかった高くなるどころか安くなる!
パッケージツアーはパッケージだけに安くなっているというのは幻想だったのか・・・LCCを使えばツアーよりも断然安いことがわかりました。
フライト時間も早朝や夜中ということもなく、好きな時間が選べます!これなら三歳の末っ子にもきつくはない!

航空券はエクスペディアを使いました。エクスペディアにもツアーはあるのですが、やはりフライト時間は選びにくいので航空券のみを予約します。
もちろん、LCC。今回、予約したのは、往路がバンコク便が2018年春から始まったばかりのnokscoot。復路がair asia XというLCC。
フライト時間優先で選んでいたら往復、別々の航空会社になりました。同じにしようが別になろうが割引はないようですね。

そもそも元値が安い!家族5人で往復14万円程度。ちょっと驚きです。

往路、復路、ホテルと別々の決済なので一つ一つ確認を!

ツアーやパッケージ、往復航空券ならば決済は一括されますが、LCCを購入する時は全て別。
エクスペディアで航空券を予約する時、往路も復路も購入申請をしたにも関わらず、決済完了されたのは復路のみでした。
え?なんで?とやや焦りました。
復路だけあってもしょうがない!
おそらく購入に手間取ってタイムオーバーしたせいか、先に埋まってしまったかではじかれたのだと思います。
往路、復路で購入される方は、しっかりとどちらも購入できているか?購入履歴を今一度、確認をしてみてください。
ちなみにすぐに往路を予約。無事に決済できました。

ちなみにair asia Xはすぐにエクスペディアで注文後に確認メールが届きましたが、nokscootは1週間くらいかかりました。
nokscootは早めに予約した方が良さそうです。エクスペディアの購入確認がすぐに来るので問題はないと思いますが、念のためです。

ちなみにこの時点でオプション予約は帰りの便の20kgの預け荷物のみ。それ以外は追加料金を抑えてなにも購入しませんでした。
でも、ここが落とし穴でした。それが何かは後ほど↓

続いてホテルの予約。

ホテルの予約はこちらがお得に予約できるとのこと。【Booking.com】
です。
選びたい放題ですね。ツアーとの最大の違いは、ツアーでホテルをグレードアップすると人数分オプション料金が掛かりますが、宿泊施設が人数に対して加算されるのは、日本の精算方式ですよね。
海外では1室いくらという料金設定のため、うちのように五人家族で人数が多ければ、グレードを上げてもそれほど高いとは感じません。
グレードもけっこう上げることができました。とは言え、1日100ドル程度のホテルです。
日本のホテルだと10,000円であれば、1人分の1泊料金ですが、タイでは★付きのホテルが5人分で1日100ドル程度。1人2,000円くらいですね。
倍の予算にしても、1人4,000円ですから、飛行機はLCCで抑えて、ここに投資するのも良いかもしれません。7泊8日で7万円。サービス料込みです。

結果的にツアーで行くよりもかなり安く予約することができました!が、ここで色々と問題が発覚してきたので、皆さんも参考にしてみてください。

問題1:エクスペディアで予約するnokscoot、登録住所が違う!

何が変わっているか?住所です。
個人情報だからエクスペディアからnokscootに渡らなかったのか?勝手にアメリカ在住にされていることが予約確認画面でわかりました。
和訳すると「アメリカのどこかの通り1どこかの通り2」なんて書かれている。
「なんじゃこりゃ」と不安になります。
ヤフー知恵袋でもこの事例が出ていて、おそらく問題ないでしょうと回答されている方がいましたが、ちょっと心配。
慌てずに、問い合わせしてみましょう。
ちなみにメールフォームなどはないので、電話です。ウェブサイトに日本のオフィスの番号が出ています。
最初の電話は混み合っているという自動アナウンスの後5分くらい待って突然、切れました。
慌てず焦らず2回目。3分くらいで繋がり、そこそこ日本語の上手な女性が対応してくださいました。
「住所がアメリカになっているのですが問題ありませんか?」と聞くと、「このお電話で修正させていただきます」と変更していただきました。
住所は、氏名や生年月日と違って固定情報ではないので、おそらく問題はないと思いますが、念のため、変更はしておいた方が良いと思います。
ものの5分で済みました。

問題2:家族でLCC。当日チェックイン時に振り分けられると座席が離れるリスク大!?

うちは3歳の末っ子がいます。その上は8歳と11歳。8歳は初めての飛行機に今から怯えています(笑)
11歳は離れてもまぁ大丈夫でしょうが、せっかく家族で行くのでみんなで近い席に座りたいですよね。
LCCは席が離れるリスクがあるというか、むしろ、同行者同士わざと離して次からはオプション予約してねという宣伝効果を狙っているのだとか、そんな情報がありまして不安になりました。
そこで、出発の1ヶ月前にまずは、nokscootで座席を予約することにしました。
座席予約は航空券を予約後でも、あとから簡単に追加で購入することができました。
1ヶ月前なだけにまだまだ選び放題でした。このままでも離れることはなかったかもな・・・とも思いましたが、転ばぬ先の杖、ここはしっかりと座席を予約して完了。

次に帰りの便のair asia Xの座席予約。見てみると、なんと、既に座席が虫食い状態!!!でも、まだ5人並びで座れるところが空いていた。
ギリギリです。航空会社でこんなにも違うものか・・・と思いましたが、なんとか予約できました。
どちらも、家族5人分の座席指定で1万円程度。合計2万円です。思わぬ出費。ただ、これを足してもツアーよりも安いです。
3歳の末っ子が1人離れたところに座らされるリスクを考えると予約しないわけにはいきません。

あとは、54cm×36cm×23cm以内のカバンを用意して出発するのみ。

ちなみに、nokscootは、54㎝×38㎝×23㎝以内の手荷物1つ無料。air asia Xは、air asia同様のようで、56㎝x36㎝x23㎝以内の手荷物と40cm x 30cm x 10cm以内のハンドバッグ等が2つまでが無料。
総じて、54cm×36cm×23cm以内のカバンが人数分必要。家にあるかな・・・メジャーで測ります。
帰りにオプションで購入してある預け荷物20kgのカバン=スーツケースはタイで購入します。なぜなら持って行くと行きもオプション料金がかかってしまいますからね。

以上、LCCで家族旅行の準備編をお届けしました。
参考にしてみてください。