こんにゃくパーク無料ブッフェと詰め放題レビュー

こんにゃくパーク無料ブッフェと詰め放題レビュー

結局、全部タダだった

サファリパークからの道のりと駐車場

群馬サファリパークの帰りにお土産を買おうとこんにゃくパークへ行ってきました。
サファリパークからの道のりは「え?こんなところ通るの?」みたいな高速道路に沿った側道をひた走る。
道が狭いわけではないけど、何もないような道。
突き進むと確かにあったこんにゃくパーク。
突然広がるテーマパークのような大きな施設。駐車場も複数エリアあってとても大規模。
この駐車場、無料です。

エリアにはコンビニ、ご当地ショップ、足湯など

こんにゃくパーク以外にも施設はあってお買い物にも便利。
こんにゃくパークに到着すると早速工場見学へ向かいました。
こんにゃくを作るあらゆる工程を間近でみることができました。ざっと見ておよそ15分から20分程度だと思います。

いよいよ無料こんにゃくブッフェ

このブッフェは無料。夏休みの平日でしたが大行列。
おかわりしたくてもまた最後尾に並ばなければならないため一回勝負で適量をよそらねばならない。
でも、注意!
よっぽどのこんにゃく好きでない限り、きっとそんなにたくさん食べられません。
こんにゃくだけずっと食べていたらさすがに飽きる。
ブッフェだけにあまり取り過ぎると最後の方はちょっとこんにゃく当分いいや…という気持ちになってきます。
おみやげも買わなくていいやという気持ちになってきたので、このブッフェは購買意欲を下げさせはしないか?とも思いました。
ということで、試食気分で少量で楽しむことをおすすめします!
ブッフェにあるものはすべて販売しているので何も慌てて欲張る必要はありません。しかも、こんにゃくだけにどれもとても安いです。
群馬県のお土産もここで買えばだいぶ安く上がるかもしれませんよ。

詰め放題

こんにゃく詰め放題はやることに意義がある。
デザートこんにゃく詰め放題は500円、総菜こんにゃく詰め放題も500円、ドリンク系こんにゃく詰め放題は800円でした。我が家はデザートを2つやりまして、1つ100円程度で売っているデザートを中学生の長女が9個×2袋詰めてくれたので当分、我が家のデザートはこんにゃくゼリーです。

ラジオ番組を持ちませんか?

CTA-IMAGE TABIMELO 著者小塚ツルギは自ら運営する会社でラジオ番組制作会社を経営しています。