こづろぐ

2/122ページ

逃走は本能。進化に必要。嫌だ!と思う心は明日への道しるべ。

  • 2017.12.12

仕事や人間関係に疲れて自殺してしまう人はきっと責任感が大きい人だ。 ここから逃げ出したい。 逃げたいなら、命を捨てずとも、関係性を断てばいいじゃないか。多くの人が言う。 でも、それは回りの考え方であり、本人は、「逃げた後にさいなまれる苦渋」も含めてそこから逃げたいはず。 自分が逃げ出した後、あの人は何を思うだろう?会社はどうなるのだろう?逃げ出した自分に回りは何を思うのだろう? 具体的に家賃はどう […]

人間関係が面倒くさくなったときに読む記事

  • 2017.12.01

人間関係が面倒くさくなるとき 自分の時間が相手の都合で勝手に決められるとき 選択権は残されていても、事実上、それを制限するような空気を作られたとき 勧められたことを拒むことで人間性を疑われるリスクをかもちだされた時 非常に面倒くさい 自殺したい人を呼び寄せて殺害した事件が神奈川県座間市でありましたが、その残忍さのみに焦点が当たり、なぜ、そんなところに行ってしまったのか?被害者が持っていた心の闇には […]

ダメダメな現場でも全力を出し切る方法

  • 2017.11.21

MCの僕は人として間違っていた 明らかに企画から失敗している・・・そういう企画に参加したことがある。集客も少ない、メディアも取り上げない、そんなイベントの司会をどうにかやってほしいと頼まれて、やっていたときのこと。ローカル放送の電波にものるけど、たしか3~4年くらい放送したのだろうか。それでもレスポンスが全くなく、本当に誰か見ているのだろうか?と思うようになった。誰も見ていないのではないか?公開放 […]

神・時間術の読書レビュー 確かに人生が変わった

  • 2017.11.07

寝る前の1時間と起きた後の1時間を変えて人生が変わった 先日、読んだ脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術。ご覧の通り付箋だらけでございます。 当然のようなことでも、言われて改めて気付き直すという点では、とても影響を受けた一冊。 心配事や未決のことがあると、それが気になって脳の作業スペースを奪ってしまう。 それはその通りですよね。 でも、そういうときは、この本に書かれているとおり、付箋に […]

命をかけて投票権を渇望する香港の若者と投票権を軽く放棄する日本の若者

  • 2017.10.24

2017年10月の衆議院議員選挙投票率は、戦後2番目の低さ またもや投票率の低さが浮き彫りになってしまった日本。2017年10月の衆議院議員選挙は53.68%と前回、平成26年に次ぐ戦後2番目に最低の水準だったそうな。それをもって、最近の若いやつはと言えないのは、僕自身もそんな元政治無関心の若者代表だったからだ。その日暮らしの人間にとっては、どこの政党が与党になろうが、誰が総理大臣になろうが、明日 […]

「やらない」「続かない」人のやらせ方

  • 2017.10.23

コンサルをしていて一番成果が出ない方のタイプ それは、「続かない人」です。もしくは、「やらない人」。 致命的のように思える反面、意識だけは前を向いているので、こちらもどう対応して良いかわからなくなっていました。この場合、仮説を立てて検証してみると答えが見えてきました。 クライエントさんが、こうありたい!と向いている方向がずれているのでは? 好きこそものの上手なれとは申しますが、好きであれば、やらな […]

1 2 122