HOME

TABIMELO

クリエイターで行く

音楽・映像・芝居がテーマ

MODファイルにお悩みのあなたに

今まで、SONYのDVカセットタイプのビデオカメラを使っていました。

※この記事は2009年4月の記事です。現在の映像編集ソフトであれば、MODファイルであっても大体のフォーマットに対応しているため、このような事態はないと思われます。

編集はMacのiMovieかWinではPremiereを使ってたんですが、去年、HDタイプも使ってみようと試しに安いのを買ってみた。

VictorのGZ-MG330の赤。

そして、いざ、編集!

撮った映像はMODファイルと聞いたこともないファイルになった。
なんだ?と思いMacに注入。
読めんではないか!

仕方がない・・・とPremiereをバージョンアップ!と思いきやずいぶんとバージョンアップしてないからアップグレードでは済まない。
ならば・・・とPremiere Elementsを買ってみました。

 

そして、MODファイルを並べてみると・・・
なんだ?この見たこともない緑のノイズは・・・
きもいぞ・・・

おそるべしMODファイル。
大文字なのがまた、不気味だ。

さぁ、どうしたら良いのだ?
というわけで、MODファイルに悩むあなたのために解決策をご紹介します。

素直に付属のソフトPowerDirector Expressを使う。
しかし、こいつ、製品版を購入しないとトランジションやエフェクトを使わせてくれない。
製品版のトライアルをダウンロードしたら、ことあるごとに強制終了。
なぜ?
う~ん、僕のPCとの相性が悪いのかも・・・

しかし、ビデオカメラは、いまだこんな状況か・・・
デジカメならjpgで統一なのに。

ならば・・・iLinkでつないで普通にDVカセット機と同じようにキャプチャする。
これは、だいたいどのソフトでも大丈夫。
しかし、せっかくのHDなのに!

僕が今やってる技は・・・
撮ったファイルは付属ソフトでUSBから取り込む。
PowerDirector Expressに全部読み込んで、すべてを選択。
ビデオラインに並べる。
AVIファイルで出力。
こいつをPremiere Elementsで分割しながら使うという感じ。

慣れれば、こんなもんか・・・と思いながらやってのけるが・・・

やっぱり、買い換えます。

結局そうなのか・・・

というわけで、こいつをヤフオクへ。
広角レンズも10000円で買ってるからな・・・
25000円は行ってほしい。
やっぱり買い換えるなら、昔から不具合なく、サクサク作業させてもらったSonyだろうな。
50000円以内で2年前くらいの機種でHDのタイプが買えれば万々歳でしょう

けっこう、MODファイルにやられている人が多いみたいです。
これ、普通に拡張子をmpgにしても使えるんですけど、やっぱり物自体は変わらないから、Premiere Elementsではaviに変換してからのほうがいいですよ。

ぼくは、サヨナラします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。