パソコンがどこまで芸術家の仕事を奪っていくのか?

NO IMAGE

起きるのがつらくなってきました。
なんだか今年の風邪は、症状が治まった後ものどがカサカサする感じがぬけません。
同じような症状の方います?
僕とうちの奥さんと子供たち、全く同じ症状で、コホコホコホコホ。
たぶん、風邪、それ自体はぬけてるのに、のどの荒れだけが残ってるのかな。
さぁ、そんな状況ですが、今日は、今月中旬までには!と約束していたミュージカルの楽曲を上げてみせる!と意気込んでいます。
僕の使っている音楽ソフトが、Cubaseというのですが、年末にバージョンアップで7.0がでるらしい。
僕が今、5.5なので、ぼちぼち上のバージョンに飛ぶか・・・と思ってるんだけど、やや高めの価格。
うーん。なぜに金のない年末に…
バージョンアップしていく中、音楽ソフトの進化の傾向として、どんどんミュージシャンでなくても作曲ができるようになってきている。
軽く新機能を読んだら、頭と終わりのコードを決めれば間は勝手に決めてくれると・・・オイ!とつっこみたくなった。
これはCubaseらしくない。Cubaseはそもそもセミプロやプロが使うソフトだろうに。。。大衆化していくのか…
あんまり進みすぎるとミュージシャンとしての立場も危うくなるぞ・・・
カメラが進化しすぎてカメラマンの需要も減ってます?
それと同じように、作曲も素人で何とかなる日が来るのかと汗がでるんだ。
ヴォーカルもヴォーカロイドがでてきてるけども、あいつら、どこまで歌がうまくなるのか・・・けっこう、恐いものがある。
最終的にミュージシャンはMCで勝負!とかいうことになったりして。
まぁーそー簡単に人間の感性に機械がおいつけるわけがーないよなー。生きてる間は大丈夫?とは思ってるけど。
次にやられる芸術はイラストのような気がしている。。。違う?
目、鼻、口、髪型、輪郭で選ぶだけ、イラストが描けなくてもオリジナル漫画が作れる!みたいな。イラストはやられてもシナリオライターはやられないわね。
PCめ…にゃろ。