HOME

TABIMELO

クリエイターで行く

音楽・映像・芝居がテーマ

SSW Lite9.5にEZシリーズのVST音源は使えるか?

ソフトとVST音源の相性ってやつがもうやりきれない。

※後日追記!SSW Lite9.5でEZ Drummer2使えました!後日談は下へ。

昔から言う、相性っていうのが、どうにもこうにもソフトウェア開発会社の言い訳のようで嫌い。

不具合といわれれば、クレームの一つでも出せそうなもの、相性の問題といわれると、「仕方ない・・・」と思ってしまうのは、ある意味、洗脳でしょうか・・・

僕は、Cubase と SSWを使っています。

f:id:tsurugi0720:20161128185030j:plain

Cubaseメインで使ってきたのですが、一番最初に使っていたのが、SSWのため、SSWファイルが大量にある。

一気に移行できず、結局、二刀流になっている。

とはいえ、SSWはAbility proに移行せず、Lite版のままですが。

廉価DAWについてくるVSTはさすがに安っぽい音がする

SSW Lite版の基本音源は、正直、DTM臭がする。デジタル系の音楽ならまだしも、RockやPOPでは、安っぽくなってしまうんです。

SSW LiteにVST音源を追加する!

というわけで、SSWにVST音源を追加!と思い、まず、ものは試しで、クリプトン社のEZ Drummer2のトライアルをDLする。

インストールする。

SSWのフォルダ設定でVST音源のフォルダを追加!

で、VST音源選択を開くと・・・

ない!

出てこない。

たしかに、EZ Drummer2はそれ単体でソフトウェアのような働きもするので、VST音源として読み込ますというよりも、ボカロと同じように連携させなければならないのではないか?と予想ができる。

SSW Liteでそんなことができるわけもないだろう・・・と一応、現在、問い合わせのアンサー待ちであります。

(2日たっても答えが来ない・・・普段より長いな・・・)

ただ、こうやって、一つ一つ、購入しては、相性やら、連携やらと悩むくらいなら、世界的にユーザー数が多いDAWを使うに越したことはない・・・と思い始めるのであります。

ちなみに、Ability Proならどうなのか?試したいところです。

でも、SSWで無理ならAbility Proでも難しい?と予想はつく。どうなんでしょう?EZシリーズ使えるのかしら?

と言うところまでが前回までの記述でしたが、以下、追記です!
結果的に、使えました!!!↓↓↓

SSW Lite9.5でEZシリーズは使えることがわかりました。

前回の記事で紹介した質問のINTERNET社からの答えは、SSWが64Bit版で、音源は32Bit版になっていませんか?という指摘ですが、そんなケアレスをしている訳もない。

問題はどこにある?とググりまくって発見したのが、このヤフー知恵袋の記事

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

音源ファイルがプログラムフォルダと全く違うところにインストールされていた!

ボクのWinの場合はここでした。

C:\Program Files\Common Files\VST3\Toontrack

たしかに、そこ!?という感じでした。

ここをSSWのフォルダ設定で指定してあげると、しっかりとVST選択でEZ Drummer2が出てくる!

よっしゃ♪

そして、早速、ドラムトラックの音源をEZ Drummer2に設定して再生!

で音が出ない・・・なぜ・・・

と探ると、VST選択の画面でEDパネルを開くと、アクティベーションしてくださいと出てきます。ここで、EZシリーズのログインIDとパスワードを入れて初めて連携できるというわけです。

f:id:tsurugi0720:20161129112954j:plain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。