天才がいる

NO IMAGE

今日、天才ってやつを観たのかも

ひとりは、教え子で、もうひとりは、また別の教え子のお母さん

即興朗読で、いきなりみせられたあの表現には、唖然としました

自分で自身を分析すると、

天才なんてほど遠い、

がんばって、努力して、やっと今のレベルまで駆け上がってきた凡才。

だからこそ

いきなりやってこなせる人をみたら、愕然とするわけ

その才能に嫉妬さえする

たとえ教え子であっても

僕と同じように、その才能を見せらられて、愕然としている他の教え子もいて、

さすがに、僕なんかよりもよっぽど悔しがってるわけで、

そういう奴の気持ちがくみ取れるという意味で、僕は天才なのかもしれない。

天才に勝つ方法は、天才を立てること、脇に徹すること

それが悔しければ、一本に絞って、10倍、20倍の努力をすることだろう

ちなみに、僕の場合は後者をとって生きてきたのかも

前者を取った僕の友人は、キャスティング会社を始めて、アウディを乗り回す天才の使い手だ