ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー。300円!

NO IMAGE

どうしたって300円ださせる心理的な仕組み

昨日、再び、息子とドラゴンクエストモンスターバトルスキャナーをやってきました。

f:id:tsurugi0720:20160726185322j:plain

今までは、妖怪ウォッチウキウキペディアで100円で済んでいたのに、今や、1回300円になってしまう。

恐るべし筐体ゲーム市場。

ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー基本は100円。でも・・・

100円を入れてゲームが始まるのはどれも同じこと。

ただ、このゲームは、戦いが終わってから心理的にコイン(100円)を更に入れるように煽ってくるのだ。

そのやり方が巧みすぎて、子どもと一緒だとほぼ確実にやられる。

モンスターのランクは3種類

最後にモンスターが6匹ほどゲットできるわけですが、その中からほしいモンスターをカード化できるわけです。

で、コインを追加しないのであれば、しょぼいSクラスのモンスターしかカード化できない。だいたい同時に、Mクラス、Lクラスのモンスターもゲットできるが、選べば更にコインを入れてくださいと表示される仕組みです。

このLクラスのモンスターが出現するとき、画面上では主人公が興奮しまくる。

「やばい!こんなスゴイモンスターがでてきてしまったー!」というような表情がディスプレイ上で慌てふためくので、「ここでコインを追加せずに逃すのは損だ!」と思ってしまう。

ここが巧みなのだ。

子どもと行けば、「そのモンスターはダメ、こっちにしなさい」と言わざるをえないシチュエーションが来る。

そうすることで、せっかくゲームで楽しい時間を過ごしたのに後味はガッカリモードになる。

なんで金払ってゲームやってがっかりしてんだー!

がっかりするくらいならやらないほうがマシ!

100円だけだよとやらせると、確実に後味はガッカリにしかならないので、やらせないように注意しましょう。

昨日は平日休みだったせいもあり、空いてはいたんだけど、そこは夏休み。

子供がいるかと思ったけど、筐体ゲームをやっているのは大人が主になってきた感じがする。

筐体ゲームメーカーは、ターゲットを完全に大人にシフトしているように思える。

親が子供に対して許す基準:100円という文化は揺るがないからかもしれません。

さらに言えば子育て世帯は財布の紐が堅い。当然です。じゃらじゃらじゃらじゃらゲームに300円なんか投入しないのです。

もう少し、子どもとゲームとのつきあい方を考えていきたい。

さらに言えば、100円でも満足させてあげろよ・・・とぼやきたくなる。

いつも行くスーパーにゲーセン併設なんだもの、そこが悩みでもある。