HOME

TABIMELO

こづろぐ in TABIMELO

生き方パーソナルマガジン

少年時代の自分にもの申す!

横浜の実家の引っ越しの準備を手伝いに行きました。

15年ほど前、父との確執から飛び出すように出て行った実家です。

今では、普通に父と接しています。

昨日、その荷造りに行くと、手伝いと言うより、自分が置いてきた残骸ばかり

楽器や譜面、本や、アルバム、僕の抜け殻がたくさんありました。

なんだか、15年前の自分の引っ越しの続きをしているような感覚

なかでも、小学校の卒業文集の自分の作文を読んで懐かしく思いました。

この文章は確実に、自分の素ではなく、とにかく、大人に(先生や親に)なんとかして、褒められよう、うけようとして書いた文章だわ・・・

我が少年時代、こういうところがきらい!

ほんと嫌なガキ!

そういう境遇で育ったんだものね-・・・

おぃ、小学生時代のオレよ、さっそと目覚めるのだ、素で生きることのすばらしさに!

これから、あと10年以上、目覚めないのよね

人からどう思われようか?とそればかりで生きるのだよ、オレ。

人は中身ぞ

ちなみに、最近、授業でインナーチャイルドセラピーを学びました。

出会ったんですよね、実際、少年時代の自分に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。