武士道ってやつか

NO IMAGE

なんだか吹っ切れたように今週、一週間、仕事で外を回っていました。
ご無沙汰の日記
震災から一ヶ月
友達は、募金活動で歌を歌った、その効果があったんだという
知りあいの議員さんは、あさって被災地へ支援物資を自家用車で届けるのだという
自分の知人、友人に脱帽する
優しい人、信頼できる人
報道では今も水のことが取りだたされてる
うちも、4歳と1歳の子供がいるから心配ではあうるけど
活性炭の浄水器をつけていることで、大丈夫だろうと気休め程度に思っている。
ただ、政府とメディアの情報と、ネット上の一部の情報とが食い違っていることが、やや気がかり。
ただ、ここは科学的な方を優先して行動します。
数値は、飛行機に乗るよりも、浴びる量がすくないんだと。
新聞では、福島から非難してきた人たちの情報が、あたたかく迎え入れられている方達もいる一方で、避難場所でいじめにあったり、その親たちも差別にあったりして、福島に帰った人もいるという記事がでていました。
「放射能がうつる」と言われたらしい
ひどい話だ・・・
避難所に入って、被災者の皆さんとふれあい、抱きしめている人もいる一方で、安全な場所で、そういう立場の人にそんな対応・・・
同じ人生なら
人を差別したり、攻撃したりしながら、自分に無害に生きていこうとするよりも
自分に何かあったとしても人道的に生きていく道を選びたい
そう思った
武士道ってやつか