貫かれたコトバと出会う。

貫かれたコトバと出会う。

フリーランスで生きる僕の心を貫いた今一生先生の言葉

もちろん、お客さんのニーズ、お客さんのため、お客さんにとっての価値、考えていました。

でも、

だったら、

なんで、この言葉がグサッときたんだろう。

多分、浅かったんだろう…

もっと、もっとだ、目の前にいるクライエントさんのため、もしくは、社会のため、世界のために

そう思って働く気概が足りなかったんだと思う。

 

出直そう。

ラジオ番組を持ちませんか?

CTA-IMAGE TABIMELO 著者小塚ツルギは自ら運営する会社でラジオ番組制作会社を経営しています。