HOME MAIL

TABIMELO

TABIMELO

生き方パーソナルマガジン

未経験者が確実にラジオパーソナリティになる方法

僕はMCダメダメのバンドヴォーカルだった。

ライヴハウスのステージから

えー、あー・・・なんだっけ・・・

これは僕がバンドヴォーカルをしていたときの実際のMCの様子です。
music_banner

今は40のおっさんですが、さすがに40でこれをやったらどん引きでしょう。

二十代の頃は、これで、笑いがとれていたのです。

体脂肪率も今より10%は低いし、やんちゃなことして多分、容姿も軽い僕は、「かわいーーー!」という黄色い声援を受けていた時代もある。

たどたどしいMCで成立するバンドヴォーカルという特権

時は2014年。あれから15年。たまにライヴハウスに行くといるんだなあのころ僕が・・・。

かわいいだけに、許されて、笑いになっている、たどたどしいMC。

 

はっきり言ってやる

 

それで笑いがとれるのは今のうちだ。

そこそこ大人になるとたどたどしい喋りが聞く側からすると気持ち悪くなってくる。

そのMCでたどたどしかった僕が今は本業司会者。

そんな僕が今、ダンスパーティーで、「さぁ、続いては、真っ赤なドレスで登場だ-!」

とか

「本日は、お足元の悪い中、うんぬんかんぬん」

とか、やってる。

テレビ(とはいえ、ケーブルテレビ)や、ラジオパーソナリティもやってきました。

 

あの、えー、あー・・・なんだっけ・・・

あいつが今やMCです。

MCやラジオパーソナリティはどういう道筋でなるのだろう?

きっかけは、ミュージシャンとしてステージに立ってるんだからできるでしょ?と言われたイベント司会でした。

このとき、なぜか、軽くできてしまった。

その理由は、生島ヒロシの本の通りやってみたからだ(笑´∀`)。たしか、amazonで中古で1円だったか?

ステージ慣れはしていたのであとはその生島のいう通りやってみたわけです。

実践的な本でシチュエーションごとにサンプルが載っていたので、単語だけ入れ替えてやってみた。

それにしても、なぜ、上手くやってのけたのか?

理由は、聞くに徹したから。とにかく、ゲストや出演者の言葉を引き出せば良い。

しゃべり上手になる必要は全くなく、聞き上手になれば良いわけだ。と生島ヒロシも言っていた。

さらに、僕は人の話が好きだ。根っから感動できる。嘘でない感嘆符が気持ちよくさせたらしい。

MCは純粋であるほうが向いているような気がする。ひねくれ者は揚げ足とったり、興味のないことにそっぽを向く習性がある。

純粋な方が、いろいろなことに興味が向くし、その分、話題を掘りたくなるもの。

さらに、元バンドマン。進路に迷い心理カウンセラー養成講座というものを修了しているのだけど(1年近く学校に通った)、この心理カウンセラーという仕事は、まさに聞く仕事。まぁ、この場合、感情移入しすぎるのは良くないんだけども。

この講座で聞く力がついたことが、MCの力にプラスしたようだ。

その司会っぷりがケーブルテレビ局のスタッフの目に止まり、あれよあれよと番組をやったり、それがきっかけでラジオのゲスト出演をしたらパーソナリティとしてスカウトされることになった。

ミュージシャンとしては鳴かず飛ばずがMCとして仕事を得るようになったわけです。

でもこれってちょっとレアケースではないか?

ですね、ちょっとレアなルートかもしれません。

ここからが本題「未経験者が確実にラジオパーソナリティになる方法」になります。

その方法をご紹介します。

これは、僕のルートではなく、僕以外のパーソナリティさんの話を踏まえています。

ちなみに、キー局のパーソナリティになりたい方は、芸能人になるか、専門家になるかが良いと思います。

ラジオ欄を見れば、本業パーソナリティの番組は少ないですよね。

評論家、ミュージシャン、アナウンサー、作家、アイドル、お笑い、そういう方がパーソナリティをやっているケースの方がきわめて多いわけです。

むしろ、本業パーソナリティが活躍しているのはコミュニティだ。

コミュニティラジオのパーソナリティになる方法

とにかく、募集は見逃さないことです。

また、新規開局のラジオ局の場合は、比較的、合格しやすい。

この入り口の情報を押さえるのは基本中の基本ですよ!

でも、だいたい経験者のみというのが多い。これをクリアする方法も紹介します。

ラジオパーソナリティ募集 経験者のみをクリアする方法

実際、局のおかかえパーソナリティになると、NGワードが多くなる。

地域のお店一店舗をえこひいきしてはいけない。

「○○市で一番おいしいと思いますよ!」などはNGワードだ。

ちなみに僕のいた局では「応援してます!」もNGワードだった。

けっこう苦しいです。

というわけでお抱えパーソナリティになる前に、番組スポンサーになって自分の買った枠でパーソナリティをやるというのが確実な方法です。

まず、これで実績を作るというのもあり。ただ、ド素人がいきなりトークができるものではありません。

局もいくらスポンサーだからといってクレーム対象になるような番組は放送できません。

デスクにいてクレームを受けるのはスタッフだからです。

というわけで、まず、慣れることが大事。

Podcastで慣れるのだ

でも、これ、一人でやってもたぶん、無理です。

ただのつぶやきにしかなりません。著作権にひっかからないジングルの準備やミックスなんかもけっこう大変です。

首都圏でラジオパーソナリティ講座をやっているラジオ局、僕が知っているだけでも5~6件あります。

そのほか、本番さながら、ネットラジオとして配信する番組を作れるサービスをしている会社もけっこうあります。

検索すればあっちこっち出てくると思いますよ。

ちなみに、僕も講座を開いています。最後は宣伝になってしまったけど・・・僕の開いている講座は最後にご紹介します。

このルートが一番の正攻法のはず。

まとめますね。

ラジオパーソナリティになる方法

  1. パーソナリティ講座を受ける
  2. マイクに向かってしゃべるということにとにかく慣れる!カフの使い方や、イントロ乗せ曲紹介などマスターする。
  3. フリートークに慣れる。交通情報、お天気もできるようにしておく。コミュニティは人手が少ないので、やることになる可能性大。
  4. 慣れたら、お金を貯めて番組スポンサーになる。3ヶ月間(1クール)の5分番組でOK。企画内容や、交渉次第で安くなる。
    コミュニティは地域性を大切にしているため、地域情報のコアなものをテーマにしていると喜んでくれる。
    コミュニティはイメージを大切にしているため、社会性、NPOネタ、実績のあるコミュニティの運営者など喜ばれる。
    本来、ギャラを払われるべき人物になっていれば、交渉も簡単でしょう。とはいえ、最初は、あくまで1クールだけ、スポンサー番組で入ることをおすすめします。パーソナリティ初心者がギャラをもらって番組をやるっていうのはプレッシャーもあるし、後々のトラブルの元です。
  5. スポンサー番組の音声は必ず同録をもらってください。もしくは、自分で録音しておくこと。これは次に募集があったときの提出資料になります。
    これがあれば、募集資格:経験者という部分を軽くクリアです。
  6. 1クールが終わったら、とにかく、パーソナリティの募集がないか?をチェックし続ける。さすがになかなか出ないと思いますが、ブランクができそうなら、再度、スポンサー番組を持つか、パーソナリティ講座でさらに質を上げていく。
    1回でも番組をやっているので、肩書きにパーソナリティを入れて、ウェブサイトかブログを開設して、司会の仕事も受付してください。
    今は社交ダンスブーム。結構、ギャラが良いですよ!でも、結婚式の司会だけは、しっかり専門的なところで学んだ方が良いです。

これでデビューです。

いきなりテレビ局のアナウンサーになるのもすごいけど、コミュニティから生え上がっていく姿はもっとかっこいいと思う。

YOUTUBEからタレントが生まれているように、コミュニティラジオからキー局のパーソナリティが生まれるのも、現代的でかっこいい。
うちのクライアントさんも、コミュニティからキー局に上がった方がいますよ。

ちなみに、僕が運営しているラジオ講座は、こちら。

1453385719074

radicas。

神奈川県厚木市の小さなスタジオオフィスで開講中です。新宿から小田急線で1時間。本厚木駅から徒歩7分くらいです。

受講される方は、ご連絡ください。iTunesデビューもすぐにできます。

“未経験者が確実にラジオパーソナリティになる方法” への2件のフィードバック

  1. 大和タケル より:

    ラジオパーソナリティになる方法を教えていただき、ありがとうございました。

    私はミュージシャンでもなく、司会経験もないものですが、ラジオで自分のエッセイを伝えたいと思っています。当然、視聴者の皆さんに受けるかどうかも分からないものなので、教えて頂いたとおり、最初は、1クールだけ、スポンサー番組で入りたいと考えています。

    3ヶ月間(1クール)の2~5分番組でOKなのですが、これを実現させるためには、具体的にどのように進めていけばよいのか? また、どの程度の費用がかかるのか、概算を教えて頂けないでしょうか?よろしくお願いします。

  2. admin より:

    大和タケルさん、はじめまして!

    まず、スポンサー番組を募集している局を探してみてください。
    ウェブで募集していればわかりやすいですが、募集記事がなければ直接問い合わせてみると良いかもしれません。

    スポンサーフィーは局によって全く違うのと、掲載価格は一般的な商業価格なので、企画次第では下げることができると思います。
    1クールで6~8万円程度で済む場合もあるかもしれませんし、コミュニティでもその10倍くらいの局もあります。

    逆に、質の高い番組を企画、そのデモ番組を作成してネット配信、そして営業することで、無料で放送枠をいただけるケースもありますし、番組を買っていただくというケースもあります。

    予算があれば、スポンサー番組として申し込んで、企画から収録まで局で請け負っていただく。
    予算があまり用意できないのであれば、企画から収録までを自分で行って、質を上げて納品するスタイルを目指す。

    どちらかだと思います!
    がんばってみてください。もし、協力できることがあれば、お問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。