HOME

TABIMELO

TABIMELO

生き方パーソナルマガジン

お金の話

子育てしていると、お金のことはよく考えます

友人であり、ともにNPOを運営していこうとタッグを組んだクミュ君こと吉岡徹くんの歌です。
会うと、いつもお金について、お話ししてくれます。
本当に勉強になります
彼に勧められて田中優さんの本を読んだ時は、衝撃を受けました
ただ、そうはいっても、子育てをしていると、お金にこだわらざるを得ないシーンはいくつもあって・・・
なかなか難しい話ではあるんだけど、
この歌のように
まずは、一番大事なものについて考えること
なんだと思うんですね
しかし、相変わらず、いい声だニコニコ
田中優さんの本も紹介しておこうっと
おカネで世界を変える30の方法/著者不明

¥1,365
Amazon.co.jp
付け加えてひとつ
ボクもアーティストしながら仕事をしています
話したいことを作品にしながら、脚本にしたり、ワークショップで直接お話しさせていただいたり
そんな自由な時間が欲しいから、勤めることなく起業しました
ただ、なかなか起業家といわれるような方々と、なかなか友達になれません・・・
その原因の一つが、目的としての「お金」のとらえ方の違いなのかもしれないです
きれい事はあまり言いたくないけど、ボク自身、世の中に貢献することで得られるパラメーターに過ぎないのかなという感覚でいます。
もちろん、貢献させていただけたかなと思う分はありがたくいただき、ありがたく使わせてもらっていますけど。
その反対に
NPOを運営している人とかなり気が合います。
ちなみに、ボクの一番近いところにいる、企業経営者は、講演で話してくれたNPOの方をさして、ああいうひとってちょっと偏ってるよねって言ってました。
ちょっと、両者相容れない部分が少なからずあるのかも
そんなわけで、ボクはNPOと会社を結びつけるような仕事をしています!

“お金の話” への2件のフィードバック

  1. 息吹肇 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「お金」に関しては難しいですよね。
    僕は、ツルギさんがやっていることは、やはりNPO的だと思います。
    僕自身、「お金を儲ける」というか、「利潤を第一に考える」ということに凄く抵抗感があります。
    だから自前で芝居をやる時にも、常に凄い大赤字です。
    それもどうかと思っていますし、興行的に成り立てばそれが一番いいのですが、別に金儲けのために芝居をやってるわけじゃない、とも思います。
    でも、お金がないと何もできないわけで、そこがジレンマですよね。
    究極的には、資本主義を突破する別の道が見付かるのが一番幸せだと、僕は思っています。
    現実には、金がなくて芝居が打てないでいるのですが(涙)

  2. 小塚ツルギ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >息吹肇さん
    芝居とかアーティスト活動していると
    芸術の目的とお金の問題のジレンマ
    ボクもぶつかります
    お金の為じゃないと言いつつ、お金の問題がふってきて
    そんなときは、切ないっす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。