代表取締役でも、社長にはなりません。腰が低いんです。

代表取締役でも、社長にはなりません。腰が低いんです。


先週、フリーランスから株式会社へ、「法人成り」しました。
社会的に株式会社の代表取締役です、でも、ほぼ、何も変わりません。
よく起業家同士、話してると、会社を興してからあーしたい、こーしたいと言う人がいます。
でも、たいがい興さなくてもスタートはできるんですよね。
形は関係なく、物事は中身だけで動くものだ・・・と10年フリーだったんで実感しています。
僕自身、会社になったからと言って、急に何かが変わったわけでもなく
ただ、目指すべき天井は上げられたかなくらいで
個人だからとか、会社だからとかで、有利も不利もなく
世の中は中身だけでしか判断してくれません。
変わるのは税金や保険の払い方程度。
天井は上がった分、目標は社員という仲間を増やすこと。
雇用の創出。とりわけ、子供を連れてこられる会社にしたいというのが目標です。
テナントならば二部屋借りて、保育士さんを雇うまでにレベルアップを!
社名は頭に「企画室」とつきます。
だから肩書きは、代表取締役室長にしました。
社長ってガラではないですし、一人の会社で社長を名乗るのもむしろかっちょ悪すぎるので、こうしました。
さぁ、名刺を作り直さないと・・・
4月新たなる一歩です。

お気軽にコメントください!