HOME

TABIMELO

こづろぐ in TABIMELO

生き方パーソナルマガジン

ホーチミンからハノイへ上る

今回、台湾のエバー航空のオープンジョーチケットで来ている僕は最終目的地タイまでの寄り道が多い。

(帰りの便はバンコク発)

ストップオーバーで台湾の台北に滞在。

そして、台北からここ、ホーチミンに降り立った。

さてはて、バンコクまで行かないと日本には帰れません。さぁ、どうしよう。

ホーチミンからタイへの陸路最短ルートは西のカンボジアに入りプノンペン、プノンペンからアンコールワット遺跡のシエム・レアプを通り、タイのアランヤプラテートに入る。

でも、僕はホーチミンに降り立ったその日に、このベトナムを北の首都ハノイまで縦断してみたくなった。タイに入るのはそれからでよかろう。うん、そうしよう。

開放的なベトナムの空気は普段まじめな僕を楽観主義者にする。

何が面白かったかってこのバイクのけたたましい数。

笑うほかない。。。

2車線道路を歩いてわたるのも一苦労。交通事故数は世界一という。

(インドネシアはしっかりカウントしてないからインドネシアのほうが世界一という説もある)

事故って当然だろうという走り方。

というか、普通に走ることはもはや不可能。

みんながみんな暴走族。族ではないから、暴走人であります。

ものは試しにバイクタクシー、略してバイタクに乗ってみた。。。

おじさんもおばさんも、若い女の子だって暴走人。

みんながみんな暴走だからそんな各々の走り方を許しあっているのかと思ったらそうでもなく、あぶねーんだよ!バカヤローっていう顔でガンをとばしあいながら走っているのです。

接触しそうになり僕をにらんでも「運転している人はこの人ですからぁ~」とニコリニコリと微笑み返し、バックシートに乗っていた平和主義者の僕にはちょっと精神的にきつかったです。

ベトナムの歴史はもともとフランスの植民地だったこと。

ベトナム戦争の文字通り戦場だったことを入れて見所充分っぽい。

北への向かい方はシン・カフェをはじめとするツアーバスでまずはニャチャンまでか、寝台列車でニャチャンかその先のダナンまで

男一人旅、ニャチャンはビーチだ。一人で泳いでも寂しかろうと次なる目的地はニャチャンをとばしてダナンから程近いホイアンに設定。

北へと向かうのです。ちなみに沢木耕太郎の一号線を北上せよに感化されたせいでもありまして。。。

バスでダナンやホイアンまでの直通はやってない。どうせなら寝台列車で直行したい。

バイタクでガ・サイゴン(サイゴン駅)へ行き、チケットをとる。

ベトナム北上の旅がここに始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。