HOME

TABIMELO

こづろぐ in TABIMELO

生き方パーソナルマガジン

一緒くたに「クズ」の称号を与えたがる記事が多いぞ

一緒くたに「クズ」と決めつける記事はスルーすることにした。

「なになにできないようなやつはクズ」みたいな記事がこのところ目立つ。

SEOが得意なブロガーが始めた文化だと言うことは容易に想像がつきます。

世の中にその人達が指摘するような「クズ」が全くいないとは言わない。

もちろん、無差別に人をあやめるような人間はたしかにクズだ。

だけど、その程度でクズ呼ばわりするか?というような記事が多い。

それもひとくくりで言うでしょ。

で、何よ?って思う。

「申し込みしておきながら、キャンセルの一報もしないで、来ないやつはクズ」

言いたいことはわかる。

こういう記事の傾向を見ると、だいたい面と向かって言えないタイプの人が、ネットで同調を求めたいだけのような気がする。

同調を求めるために、「こういうタイプの人」と一緒くたにするわけだけど、一緒くたにするという行為は歴史的にみても、危険な思想だと思う。

一緒くたにされた中にも、事情がある人がいる確率は高い。

30過ぎて100万円の貯金がないやつはクズ?

僕の周りの役者、ミュージシャン連中の多くは貯金はないけど、クズではないな。

面識ないから知らないでしょ?もしくは、表面的な部分しか見られない人が多くなったものだ。

日本文化は一緒くたにするような文化ではなかった

しょんぼりして帰ってきた近所の坊主に、「どうしたどうした?そんな悲しい顔してよー」って察するんだ。

僕らのDNAは。

取っ組み合いのケンカをしているところを見たら、「おいおい、何があったんだよー、説明して見ろ」って割って入るよ。

僕らのDNAは。

でも、最近の「クズ」呼ばわりの記事は、そこに至るまでのプロセス無視だもの。もちろん、人をあやめたりする行為に、どんなプロセス(理由)も利きはしないが。

この人のセミナー受けてみようかなと思っていた人が、そういう記事を書いているのを見たので、行くのをやめたりする。

もちろん、その記事を書くに至ったプロセスはあるんだろうけど(~_~;)

やめた方がいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。