24時間365日ミュージッククリップを流し続けるチャンネルを作ろう

24時間365日ミュージッククリップを流し続けるチャンネルを作ろう

ミュージッククリップを流し続けるチャンネルを作る。

動画配信が流行り、Youtubeではたくさんのミュージッククリップがアップロードされています。
でも、Youtubeでミュージッククリップをアップロードするのは、肝心要の楽曲売上げを下げるリスクがあります。
Youtubeにアップロードされた動画を動画ファイルとしてダウンロードしたり、音声ファイルとしてMP3ファイルにしてダウンロードしたりすることができるからです。
どうやってするかはググってしまえばすぐにわかります。
つまり、買わなくて済む。結構、この手段が横行していて、知らず知らずにどこかで聞いている音楽が実はYoutubeから不正にダウンロードされたものだったりするかもしれません。

そんなわけか、Youtubeで全編、ミュージッククリップを見せるミュージシャンも減ってきたように思います。
だからといって、露出を控えていても、誰にも聞かれなくなってしまう。
僕は買う。どこかで使う時、たまにYoutubeからDLできるよって言ってもらえるときあるんですけど、僕は買う。

僕が音楽と出会う場所は、もっぱらラジオです。

この曲いい!と思ったら、ラジオ局のサイトにアクセスしてオンエア情報の中から流れた音楽を見つけて、iTunesかamazonで購入する。
でも、Youtubeではこういう出会いがほとんどないですよね。
もともと知っているアーティスト名や楽曲名で検索してお目当てにたどり着く仕組みだから、出会いではなく「再会」の場所なのかもしれません。

そういう意味で、こういった音楽との「出会い」の場をネット上でも創出したいと思った時に、「24時間ミュージッククリップ」のようなチャンネルがあるといいなと思いませんか?

そんなチャンネル、abemaTVにあります。
MTVがabemaにある。ありがたやありがたや。僕はSpotifyで音楽を流したり、休憩中はabemaTVでMTVを付けます。
abemaTVのMTV
こういうチャンネルを流しておくことで音楽との「出会い」が創出される。

僕的にはこういうチャンネルを自分で作りたいと思ってしまうわけです。

それを作る方法が、abemaTVの生配信サービスFresh!。
このサービス、生配信サービスだけではなく、動画ファイルを何時から再生するとセットして配信することもできるのです。
つまり、著作権をクリアしたミュージッククリップが複数あれば、ずっと流し続けておくことが可能。
時折、音楽をテーマにした生トーク番組などを挿入させながら、このチャンネルに合わせればいつでも音楽との出会いがあるみたいなものが作れる。

生配信チャンネルの場合、配信されていない時間があるので、そのチャンネルをセットするタイミングは配信しますのお知らせがあったときだけですよね。
でも、24時間配信されているのであれば、とりあえず付けてもらえる習慣になるようなチャンネルが作れるかもしれませんね。

こんな企画に興味のある方、お声かけを。

僕の会社で取得したFresh!チャンネルをどう活用しようか、考えています。
24時間365日流し続けるインディーズ系のミュージッククリップを集めるのは大変なことですけどね、まずは、週代わりで毎日同じ時間に30分くらいでも良いのかな。

音楽との出会いの場、とりわけライヴハウスで集客に困っているけど、クオリティの高いミュージシャン。そんな埋もれたしまっている音楽との出会いの場を創出したい。
素晴らしいライヴなのにお客がいないと、みんなー!気付けよー!と思ってしまう。
ちなみに、僕は、ミュージッククリップも作れます。夢を追うミュージシャンの懐具合もしっているので無理なことは言いませんのでお気軽にお問い合わせください。

芸術活動をサポートする人生!売れてくれ。僕にはできなかったこと(^0^;)

当時はネット配信もない時代。アナログな営業で戦っていたのだ!頑張ってたなーオレ。。。2000年代前半の話。
40代は裏方人生です。応援するぞ!