磨き続けた物は、使ってこそ効力を発揮する

NO IMAGE

昨日、一昨日とミュージカルの本番でした。

といっても、僕はおうちでご飯を食べてる時間。

あぁ、今頃やってるのか、僕の作った歌を歌ってるのか、お客さんは、どう感じているだろう?

気になるところ

タイ、バンコクの日本人劇団、サザン天都「秘密の花園」の公演が終わりました。

僕が観られるようになるのは、送られてくるDVDが着てからです。

子供が生まれてから、なかなか瞬発力が出せず、行きたい時に海外にひょろっと寄る感じが難しくなりました。

なんだか、最近は、ただ、作ってるだけの感じがぬぐえなくて、まさに、音楽が仕事っぽくなってきてるのに、どうも違和感がある。

今年は、もう少し、自分自身を表に出したいなと思ってます。

さっき、2年前まで、レギュラー出演をしていたライヴハウスから出演のお誘いメールが来ていました。

う~む、考えてしまう自分。

先週も地元の施設のオープニングイベントで歌いませんか?という誘いもあった。

歌いませんか?

こんなこと、普通に生きていたら、言ってもらえるのってカラオケボックスの中くらい。

たぶん、自分にとっては、ものすごくありがたい言葉なんだと思う。

さて、今日はボイストレーニングの日。

磨いた技術がすたれないように、毎週、通い続けているボイストレーニング。

もちろん、人に自分の作った歌はこうだよと、正確に伝えるための仕事道具でもあるけども、せっかく磨いた技術は、もっと、武器にするべきものなんじゃないか・・・と反省してしまう。

自分が磨いた技術、なぜ、もっと、使ってないんだろう?

使ってこそ、効力を発揮するのならば、もっと使わなくて・・・

ラジオ番組を持ちませんか?

CTA-IMAGE TABIMELO 著者小塚ツルギは自ら運営する会社でラジオ番組制作会社を経営しています。