カテゴリー:ラジオ局を作ろう

1/11ページ

radionomyでラジオ局を設立企画

  • 2018.02.14

ラジオ局が簡単に作れるサービスが海外にあった 先週、Tunein配信のラジオ局を作ろうでストリーミングサーバーを借りてラジオを流すということを書きました。 なんとこれ、無料でできるサービスを見つけてしまった。 それは、こちらRadionomyというベルギーのサービス。 まだ、ユーザー登録していないので調査はこれから。こちらにプロモーションビデオがあるのでまずはご覧ください。ちなみに英語です。 この […]

Tunein配信のラジオ局を作ろう

スマートスピーカーは各家庭に浸透するとみた! この前、息子が妻を「アレクサ」と呼んでしまったのを見て今年イチウケた。 アレクサに算数の計算させるなよと釘を打っている。もちろん、息子は守っている(はずだ)。 子どもがはまるものはだいたい浸透する。子どもがはまるということはシンプルでイージーな証拠。 シンプルでイージーなものは生活に溶け込みますよね。 アレクサのもっともお気に入りの使い方はラジオ。 ア […]

コミュニティFMのパーソナリティに多い病

  • 2017.11.15

芸能人風一般人が増加中 一般人がネットや格安のメディア枠を購入して芸能人風に振る舞っている光景をよく見るようになりました。 以前は「一般人が芸能人ぶって・・・」と冷ややかに思われるところもあったかもしれない。 でも、今はちがう。 ネットもテレビも玉石混合。  玉石混合とは良いものや悪いもの、優れたものや劣ったものが混在している状況のこと。「淆」は「交」とも書く。 出展:Hatena Ke […]

コミュニティFMにも賞があればいいな

  • 2017.11.14

文芸界のクオリティを上げている賞の存在 これだけ映像社会になりつつあるし、若者の本離れと言われて久しいにもかかわらず、文芸業界は、依然として廃れていない。僕自身が、紙の本で小説を読むことを趣味としているのだから、廃れるわけがないと確信はあるものの、絶対に廃れることのないカラクリの一つに賞の存在があると思う。芥川賞や直木賞、そこに至るまでの各団体が運営している新人賞など、たくさんの賞がある。たくさん […]

有名俳優目白押しラジオドラマはテレビ以上

  • 2017.10.26

ラジオドラマなんて今時誰が聞くの? ラジオドラマなんて今時、誰が聞くの?と思っていませんか?僕自身がそんな風に思っていたんです。でも、実際、車でラジオを聞いている人なんかは特に、知らず知らずに聞いていた番組がドラマだったなんてことがあるようです。 CMがドラマ仕立てであることが多いです。 ジャンルを広げて聞いてみるとCMがラジオドラマであることが多いです。しかも、そのドラマ仕立てのCM、テレビで見 […]

ネットではないところでメディアを立ち上げるべき理由

  • 2017.10.25

ネットメディアとアナログ媒体の違い ラジオ局を立ち上げたい!と思いつつも、そんなものネットでできる。 フリーマガジンを発行したい!と言っても、そんなものブログで充分!とも言える。 僕もかつてそう思っていたし、今でも、半分はそう考えます。 でも、実際、ラジオで番組を持つことと、ネットやポッドキャスト、Youtubeで番組を持つことは大きく異なる。 違いは発信側の「責任」 放送局の場合 電波法というも […]

1 11