誰でも一生に一度だけ使える伝家の宝刀を持っている

NO IMAGE

一生に一度なら誰だってすばらしい小説がかける
と言われています。
けっこう色々な本に書いてあります。
この言葉、あっちこっちみますよ。
多分、事実。
ビギナーズラックにも通じているんでしょうね。
反面、プロは何度もすばらしい小説を書かなければならない。
これこそが難しいのだと
僕は知ってるんです
何を題材にすればすばらしい小説になるのか
そしてそれは誰しも一生に一度しか使えない伝家の宝刀なのです。
そして、僕は使う。
今月中に世に出す脚本にこの伝家の宝刀を!