音楽の聴き方が変わる2018

音楽の聴き方が変わる2018

音楽の聴き方が変わった

音楽の買い方が変わって、音楽の聴き方も変わってしまった。
CDを買うことがなくなっただけではなく、CDを借りるということもほとんどなくなってしまった。
更に音楽をダウンロードするということさえもなくなるとは思いもしなかった。
音楽のストリーミングサービスでお気に入りのアーティストを検索してそのプレイリストを流す。
これが僕の日常の音楽の聴き方。

YOUTUBEでタダで聞いていないでせめて音楽を購入してDLする!という姿勢だったけど、SPOTIFYを聞いているとお金を支払うタイミングというものすらなくなってしまった。
もちろん、Spotify PREMIUMというCMが入らないサービスもあるのだけど、正直、CMが入ってもまったく気にならない。
というのも、アーティスト紹介のCMや、Spotifyそれ自身のCMなので音楽に溶け込んでしまう。むしろ、お耳のお休みになったりして心地よかったりする。
たしかにジャパネットたかたのCMとかが入ってきたら、さすがにプレミアムも考えるかもしれないけど、今のところ、全く問題ない。
(ジャパネットたかたのCMは耳に残りますから。ディスってるわけではないです!)

というわけで、音楽にお金を一切掛けない生活が続いている。
音楽に向き合う生活をしている自分にとって自問自答がある。これで良いのだろうか?

Amazon echoは救世主かもしれない

僕は音楽にお金を払いたい。それは綺麗に言うと作り手に対するせめて対価を払いたいという思いがあるから。
仕事をして作ったものが無料で出回ってしまう。こんなおかしなことがあって良いわけがない。
そんな中、先日、Amazon echoを注文して我が家にも届いた。
早速、子ども達のおもちゃと化すわけだけど、その内、「アレクサ、恋ダンスを聞かせて!」なんてリクエストをし出した。

音楽が近づいた

正直、そう思いました。子ども達と音楽の距離がぐっと近づいた瞬間でした。
ちなみに、アレクサというのは、このamazon echoの名前です。

子ども達にはもっと音楽に触れて欲しい。でも、CDも売っていない今、どうやって近づけようと思っていました。
検索やダウンロードはちょっと子どもには向いていないし。その点、このAmazon echoは子どもでもすぐに音楽が取り出せる点がすばらしい。

でも、恋ダンスは出てこない。

何かの曲を聴かせて!と言ってもそのオルゴール版みたいなものが流れるだけ。
なんでオリジナルが流れないのよ!と思ってわかった。
僕のアマゾン会員種別はプライム会員。

amazon プライム会員は、プライムミュージックで100万曲がいつでも聴けるけど、amazonのmusic unlimited は4000万曲対応。実にプライムミュージックの40倍。
こっちに登録しないことにはほとんどの音楽が取り出せないのだ。
もちろん、Spotifyであれば無料版でもほとんどの音楽が取り出せるという点で、こちらに課金することにちょっと躊躇してしまう部分もあるけども、子ども達と音楽の距離が近づくのであれば喜んでこのmusic unlimitedを申し込もうではありませんか。

ちなみにGoogle HomeであればSpotifyの無料版を使用することができるみたいだけど、PCの無料版と違って特定の音楽は選択できないそうです。
どのみち、有料なのですね。

特定の曲やアーティストの曲を流したいときは、amazon echoでunlimited music。または、Google HomeでSpotify premiumですね。

ちなみに、もう一つのすばらしい使い方は、ラジオです。家にラジオがない人は多いですよね。
Amazon echoはラジオにもなる。「アレクサ、TOKYO FM流して!」これだけ♪もう、ディスプレイはいらない。目に優しい生活を是非!